井岡一翔のマッチメイクは巧妙だと言えますか?

井岡一翔のマッチメイクは巧妙だと言えますか?

ボクシング344閲覧

ベストアンサー

1

巧妙というか、テレビの縛りもあるから巧妙とは言いづらい。 本人としてはもっといい選手とやりたい気持ちはあると思いますが、テレビとしてはリスクを下げつつ宣伝しやすい相手をチョイスしたい。 61連勝とかいう、雑魚狩り専門で、突然2位にランクされたノクノイとか、ロマゴンの名前をだしてニカラグアの宝石とかいうララとか、無難でかつ何も知らないミーハード素人を勘違いさせやすい相手のチョイスはある意味巧妙?とも言えるのかな? 昔は誤魔化せた過剰宣伝も、このネット社会では張りぼてみたいなもの。たしかに世界ランカーですから弱いわけはないですが、それでも世界タイトルを賭けて戦う相手なのか?と問われたら、????な相手と思ってしまう。万が一トラブルでもおきて負けてしまったら相手が王者になるわけですよ。そうなったら残念でならない。 スポンサーの重要性はわかりますが、TBSは出過ぎてる気がする。まぁこれは推察で、真意はわかりませんが。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

テレビ局(読売テレビ)や製作会社、ジム とで試合の日程上や相手捜し予算を決めます。本人が強い相手と戦いたい気持ちがあっつも製作会社が海外試合は反対します、読売テレビは井岡選手は13%取れるので1試合でも多くチャンピオンまま試合を望んで弱い相手になってしまうと思います。

0

ジムだって商売だし日本で戦ってれば、ある程度ジムや本人はファイトマネーで潤うわけだから、ある程度しょうがないかも。 チャンピオンのうちに勝てる相手を選ぶのは当然でしょうね。 世界的なチャンピオンはプロモーターと契約してるし、日本のジムのファイトマネーでは呼べないし。 強いチャンピオンだから、アメリカでって思いはあるけど。