ここから本文です

素朴な疑問なのですが、結婚指輪はなぜ社会的にアクセサリー(?)として許される...

bulmago25さん

2017/10/900:43:02

素朴な疑問なのですが、結婚指輪はなぜ社会的にアクセサリー(?)として許されるのでしょうか。

例えば、アルバイト先や会社の服装の規定に、『アクセサリー不可(結婚指輪指輪のみ可)』みたいなところが多い気がします。特に男性に対する規定として多いと思います。

華美なアクセサリーは禁止ってだけなら、結婚指輪じゃなくても細身の指輪ならいいですよね?それでも結婚指輪のみ可とする理由はなにかあるのでしょうか?

社会的に、結婚していることを示すことが重要だったりするんですか?結婚してることを隠す必要ないだろってことなのですか?

未熟な社会人にはまだ理解できないのですが、何か知っていたり、思うことがあったら教えてください。

閲覧数:
45
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ronronron502さん

2017/10/909:58:55

結婚指輪はアクセサリーとはちょっと違った気がします。

アクセサリーというのはおしゃれの一環として用いられるものという解釈が一般的かと思いますが、結婚指輪はおしゃれでしているわけではないです。その証拠に石が付いているものはまず見かけませんよね。

社会的に・・・ちょっと古い考え方ですが、結婚をしていて一人前と見られる風潮がいまだに存在することは事実です。営業などをしているとそういった風潮は感じます。

なぜ結婚をしていることがある種のステイタスになるのか?それは結婚をしているということは原則として世帯主になっているわけで、簡単には逃げられない立場に置かれている人間と判断されるからです。社会的な責任を負っているということですかね。
実際に独身者で自治会活動に世帯主として参加されている方は少ないんじゃないですか?

  • 質問者

    bulmago25さん

    2017/10/1208:26:11

    回答ありがとうございます!
    とてもよくわかりました。確かに世帯主と考えると社会的な責任感がありそうな感じがします。

    少し突っ込んでしまい申し訳ないのですが、例えば女性が会社で結婚指輪をつけることは何かメリットはあるのでしょうか…。
    わたしの周りにはあまりまだ結婚している女性が少ないからか、つけている方が少ないような気がします。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/13 12:34:48

お二人方回答ありがとうございます。とても納得しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

niel1122さん

2017/10/912:37:58

結婚指輪は、本人を飾るアイテムというより、周りにとって便利なんです。相手が所帯を持っているか独身か。一目で分かれば話が早いというか、いろいろと都合がいいんですよね。

また、職場においては男女のトラブルは避けたいもの。「この人に近づいても無駄だ」「この人と関係を持ったら不倫だ」と分かることは大事なことなのです。

なお、理屈だけで考えたら、ネクタイだって不要なアクセサリーです。しかし、不要どころか、誠実さを示すフォーマルアイテムとして認められている。社会通念というのはそれだけ重みがあるのだとお考えください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。