ここから本文です

経営学部の志望理由書の添削をお願いします。

アバター

ID非公開さん

2017/10/917:19:59

経営学部の志望理由書の添削をお願いします。

私は将来、税理士、会計士になりたいので〇〇大学経営学部経営学科に入学し、会計ファイナンスとについて学びたいと思う。そう思ったきっかけは、パナマ文書が明らかにしたタックスヘイブンについての記事を目にしたことだ。自国より税率の安い国を見つけ利用し、節税されることにより本来納められるはずの税金が納めらかくなるというタックスヘイブンを規制し、節税されていた分の税収が社会発展のために使われるような問題解決の糸口となりたいと思った。
貴校の会計ファイナンスの研究室の中で大沼教員の研究室で実証的税務会計、税務会計について専攻されている。私はこの研究室で 企業の課税リスク軽減等の解決策を見出すには、経営者、労働者、投資家などが、どう向き合い、どう対応していくべきなのか。ということついての学びを深めたい。また、大沼教員の研究室の説明文に、国際会計基準との統合かを通じた国内会計基準の国際化により、財務報告の情報内容や信頼性などに大きな影響を与えるとあるが、タックスヘイブン問題の背景としても金融のグローバル化が挙げられる。貴校が行なっている経営学部生対象の正規科目履修プログラムに参加し英語でのコミュニケーション能力の向上と、海外で経営学を学ぶことで国際化による影響を海外からの視点からも見てみたいと思う。
このプログラムを通じて様々な意見や疑問を持つもの同士が意見を共有しあうことによって、相手の知識を吸収し自分の知識と重ねる、より深く金融の国際化による影響や問題解決について考えることが出来ると思う。また知識をつけるためには企業分析などの会計スキルが必要であると思う。私の出身校ではカリキュラム上文系であっても、3年間数学を学んできた。貴校ならではの文系・理系の枠組みを越えた新しい視点からの経営で十分活かせると思う。今まで学んできた数学を最大限活用したい。以上のことから、〇〇大学経営学部経営学科を強く希望はする。

閲覧数:
3,374
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

clo********さん

2017/10/919:44:10

何か主張が一貫してないですね。上手く書けているようで理解が浅い文章だと思います。

・税理士会計士になってもCFC課税(タックスヘイヴン)の規制は出来ません。それは政治家と官僚の仕事です。
・CFC課税の適正化と企業の課税リスク軽減って何の関係あるんですか?租税回避の防止と企業がCFC課税を受けないことは繋がらないかと。
・そもそも、CFCと会計のコンバージェンスは関係ありません。会計基準の国際的スタンダードを見たからといってCFCは解決できません。
・会計の国際化と金融の国際化を同義に語ってません?
・会計と数学3年間は特にリンクしないかと。四則演算出来れば会計は出来るんで。数学活かしたかったら経済学部行って統計でもしてください

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/10/921:31:14

    税理士がタックスヘイブン問題と関わる時はどのような時なのかを教えていただけるとありがたいです。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rau********さん

2017/10/918:04:13

学部段階で先生まで名指しはよくないですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる