ここから本文です

普通借地権のタワーマンションを都内で購入するつもりです。 購入後の取得価格の...

saa********さん

2017/10/923:00:21

普通借地権のタワーマンションを都内で購入するつもりです。
購入後の取得価格の借地権と建物の価格按分についてどのようにするのが正しいのか迷っています。

一般の所有権であれば、固定資産税の土地、建物の評価を参考に取得価格を按分する方法もあるかと思いますが、普通借地権では固定資産税の土地部分に相当するものがないので困っています。
該当マンションの固定資産税評価証明書を取得し、マンションの持分から所有権相当を算出し、それに対して借地権相当の比率で掛けたものを建物の固定資産税評価額と按分する方法が一番合理的なのでしょうか?
ご教示下さい。宜しくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
94
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2017/10/1011:00:48

他の方の回答にもあるように、契約書上で案分されているはずです。
案分されていない場合は、消費税の表示があるはずです。
消費税を消費税率で割り返したものが、税抜きの建物価格ですからそれに消費税を加えたものが最終的な建物の購入金額です。

エンドユーザー間の売買だと消費税の表示すら無い場合があります。
その場合は土地の固定資産税評価額に借地権割合をかけて算出した金額と建物の固定資産税評価額の比で案分でいいのではないでしょうか?

合理的な方法で案分してれば特に問題無いです。

購入前なのであれば、建物と借地権の価格をどうするかも価格交渉の一環なので、交渉のうえで契約書に明記してもらえばいいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mar********さん

リクエストマッチ

2017/10/1009:23:52

売買契約書上の土地建物按分です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる