ここから本文です

突然の回答リクエストで申し訳ありません…(-""-;)

t94********さん

2017/10/1123:02:21

突然の回答リクエストで申し訳ありません…(-""-;)

こちらの知恵袋をみていて、医療ミス関連に回答をしている!
…と見ました。
是非、私の事例について、医師の方からのご意見を頂きたいと思います!
よろしくお願いいたします…
長文、乱文、誤字にて申し訳ありません…

私の病名は、
脊髄くも膜下麻酔後の局所麻酔薬(0.5%マーカイン高比重2.2ml)
の神経毒性による馬尾症候群、左足麻痺を発症したもの!ーだと、主治医から言われております。

上記の診断名について、不信感があり質問させて頂きたいと思います!

手術は、左足外側円盤状半月板損傷のため、関節鏡下にて、切除術と形成術を行いました。
手術自体は36分で何ごともなく、膝の専門医である主治医にて実施され終了しています。
しかし、、、
主治医が手術室に入ってくる前に行われた麻酔手技について、不信感、疑問が残っています。

麻酔手技は、手術の助手に入った
今年来たばかりという、若い整形外科医師が行い、手術室で初めて見て、名前も知らない医師でした。

今回で、3回目となる脊髄くも膜下麻酔でしたし、手術が続いており、その2ヶ月半前には、全身麻酔+硬膜外麻酔併用の手術も受けたばかりで、
更には、私自身が病院勤務時代に手術室看護師をしていたこともあり、脊髄くも膜下麻酔の体位と皮膚麻酔から薬液注入までの順番、患者様の様子なども理解が出来ていました。

麻酔医による、皮膚麻酔でチクリとし、23Gルンバール針でグイグイと穿刺してくる感じもわかり、もうすぐ終わるかな?……
…と思っていたところに、急に腰部に激痛あるようになり、間もなく、我慢が出来ない激痛の一撃があり腰部全体の痛みに耐えられずに、体が勝手に動いてしまい
手術室看護師に、「今、大事なところなので動かないでー」…と押え込まれ身動きがとれなくなった!
…という、経緯があります。

その後も暫くは、穿刺部位、殿部の痛みは続きましたが、左足に麻酔効果を高めるため3分間、左側臥位をとっているところに主治医が、入室してきました。

手術が終了し、リカバリー室にて経過観察をすることになっていました
麻酔が切れてくるにつれて、痛みを伴う痺れが強くなり、あしの指は動かず、夜勤の看護師に何度もいったのですが、「朝、先生が来たらみてもらいましょうね」…と言うだけで、手術後、医師が訪室してくることはありませんでした。

朝になり、触れる事も出来ない痺れと痛みと、左足が完全麻痺を起こしていました。
麻酔医である、整形外科医師が入ってくるなり、
「これは、手術ミスではない!
麻酔ミスではない!」…と2度言われて、原因がわからないまま、麻痺から6日後に、神経毒性による馬尾症候群と診断されました!
手技はミスはなく、薬剤による副作用です!…と言うものです

最初は、疑問に思ったり、病院側の対応に不信感を持ったりもしましたが、薬剤の副作用であるなら仕方がない事なのだと…(-""-;)
思っていました

しかし、八が月が過ぎた時、ドクターが回答をしてくれる有料サイトで、ペインクリニック科の医師から、指摘をされました。
「薬液注入時の痛みで、神経損傷が起きた!、回避することが出来た事故である」…と!

そこから、文献検索、知り合いの医師、ネット上で麻酔科医からの意見を聞くことが、始り
「麻酔科医なら、薬液注入時に、痛みや感覚異常があったら、薬液を注入しないのは、常識すぎる常識である」
また、文献にも、、
「痛みを伴う薬液注入はしない!
ほぼ確実に神経損傷が起きる」…とあります!
添付文章にも、そう記されています。

やはり、稀な合併症ではなく、麻酔手技ミスにる薬剤の副作用だと結論できるのでは無いでしょうか?

ご意見を頂きたいと思います
よろしくお願いいたします❗

この質問は、pri********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
225
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pri********さん

リクエストマッチ

2017/10/1213:19:17

質問者さん自身が看護師さんであり、既に色々調べられた結果のご質問ですので麻酔科専門医でない私が言うことはもはや何もないような気もしますが…

一応神経毒性による馬尾症候群は1-2万例に1例程度あるようですが、仰るように疼痛が強いにも関わらず無理に麻酔液を注入したことによる馬尾症候群の可能性が極めて高いように思います。おそらくは医療ミスと言える範疇でしょう。さらにそれを認めず隠しているので、悪質とも言えます。

裁判に持っていっても勝てる、もしくは和解で賠償金の得られる可能性のある話だと思います。詳しい戦い方は知恵袋でも他に知っている方がいますので譲りますが、まずはカルテ保存の手続きをすべき事例と思います。

  • 質問者

    t94********さん

    2017/10/1213:36:46

    ご返信ありがとうございます!

    あなた様に、この様にご意見を頂き私の心も楽になりました。

    なかなか厄介な事例であるために、医療専門弁護士…とうたっている弁護士には、3名相談しましたが、、、
    証拠がない!
    現在の医療水準では無理である!
    副作用であるからして仕方がない事!
    …と
    言われましたが、まだ納得が行かずに、文献等を読んで、ネットで調べて、聞いていました。
    そして、あるとき事故である!…と言ってくれた麻酔科医に感謝しました!

    そして、私の診断名に疑問を持ってくれた医師が、ブログで、ネット上にて私の事を書いて公開してくれてます。
    http://www.nanbyo-study.jp/?p=3067

    一度、お読み下さい!
    また、ご意見を頂きたいと思います!

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/17 23:29:17

大変貴重なご意見を頂き誠にありがとうございました。

今さら、私の足が元に戻るわけではありませんが、このままずっとこの症状が続くのなら、、
今までも、これからも、辛く、苦しく、悔しくて仕方がないのであればこそ提訴を考えておりますので、とても参考になりました。

また、質問がある時には、リクエストをさせて下さい!
よろしくお願いいたします…(^-^)

ご返信内容に勇気を頂きました(^^)
感謝です

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2017/10/1223:36:01

どこまでゆけるか。
踊りたいと思います。

これがボクらの道なのか
https://www.youtube.com/watch?v=YyoGkeDaUVY

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる