ここから本文です

大至急です!

nao********さん

2017/10/1222:09:39

大至急です!

中学理科です
エネルギーについて
バイオマス発電と火力発電で、
バイオマス発電で排出するCO2の量と
火力発電で化石燃料を燃やして排出するCO2の量では
火力発電の方が多くなるということなのですが
それはなぜなのでしょうか?
カーボンニュートラルらへんはわかるのですが
先生から化石燃料の化石という言葉がヒントって言われて、そこで分からなくなりました
だれか教えてください!

閲覧数:
110
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2017/10/1222:35:55

例えば、
バイオマス発電は、トウモロコシから作ったりします。なので、今年の太陽のエネルギーから光合成して、出来ているので、それを燃やして、電気エネルギーにするときに、発生する二酸化炭素は、今年太陽からのエネルギーから光合成して二酸化炭素が使われたと同じ量です。だから、地球全体では、二酸化炭素は増えません。
しかし、化石燃焼(化石エネルギー)は、大昔、太陽からのエネルギーで光合成が行われた、植物などが、長い間に変化してできたものです(石炭など)。それを燃やすと、昔の光合成で、使われた二酸化炭素が、新たに、大気中に増えていくので、地球全体では二酸化炭素の量は、増えていきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/13 15:48:23

      

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

msa********さん

2017/10/1307:00:00

地球温暖化は、人間の排出したCO2が主な原因であるというIPCCの説はあります。ただし、ただし、火力発電所の排出するCO2が原因だというのは、国と電力会社の原発屋さんらだけでしょう。実はCO2は火力発電以外のところからも大量に発生しています。

しかし、地球温暖化説の信憑性はともかく、日本はってわけにはいかないので、大国米国のようにパリ協定受け入れをヤーメタってわけにはいかないので、CO2削減をしていかなければいけないと思います。

で、火力発電所は今の人間が生きていく上ではなくてはならないものです。原発は電気を供給できる最大の割合がきまっていますので、どうしても火力発電所に助けてもらわないと安定した電気の供給ができないのです。
だから本当はどっちが良いとか悪いとか較べるべきものではないのです。
ということで、どこかのアホ基地外電力会社社員や原発推進派みたいに大騒ぎしないで、冷静にきちんと考えながら、日本の懐(財政)とも相談しながら効果的な方法で対策をしていくことが大切です。

で、バイオマスも化石燃料も燃焼させればCO2を発生します。バイオマスはきまったモノはないので一概には言えませんが、燃焼により同じ熱量を得るとすればバイオマスのほうが化石燃料よりもCO2発生量がおおくなると私は思います。
また、燃料の収集・輸送等に伴うCO2の排出・燃焼設備なども効率が悪い物が多いでしょうから、バイオマスはCO2だしてもいいというのはおかしいとおもいます。
「バイオマスはもともと大気中のCO2だったから」・・・というのは詭弁にすぎないとおもいます。バイオマスによって再生できない森林破壊や砂漠化が起ったら困ります。

ただ、そうすると多くの開発途上国が困ってしまうので、そういう風に屁理屈をつけているんでしょう。

地球温暖化説には、・非科学的な嘘や屁理屈がいっぱいですから気をつけてください。しなくちゃいけないことはしないとおけませんが・・・。
米国のトランプさんが、石炭をもっと使うように政策を転換したので、アメリカの鉱山の町の人たちは、大変に喜んでいるそうです。

tik********さん

2017/10/1222:12:48

ならんかも。。。。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる