ここから本文です

彼氏を母親がわりに思いたくなってしまいます。22歳女性です。 私は、あまり親の...

relief199さん

2017/10/2014:09:21

彼氏を母親がわりに思いたくなってしまいます。22歳女性です。
私は、あまり親の愛情を受けて育って来なかったと思います(友人などに話すと毒親と言われますし、以前知恵袋に相談させていただ

いた時も多くの方に毒親とご指摘いただきました。しかし、あからさまな虐待と比べたらマシと思ってしまい、結局は自分の精神障害などは自分のせいなのではないと、無意識に思って自分を責めている気がします)。
しかし、彼氏は一つの人格や世界、人間関係を持つ私とは別の人間であり、私のわがままを通してばかりでは、私が彼氏を利用しているだけになってしまうと思います。彼氏は私のサンドバックではないし、私の面倒だけ見るには限界があると思います。まあ母親もそうなのかもしれませんが、幼頃に人を信頼した経験がないからか、どこまで甘えていいのか、いつもびくびくしてしまいます。
強迫性障害の診断が出ており、カウンセリングに通っているところ、思考でも「〜しなきゃ」「〜しないと怒られる」などが非常に強いそうです。
質問がまとまっていなくて申し訳ないですが、少しでも思考を改善できる方法や楽になる方法や、自分を無意識に責めなくなるためのアドバイスなどありましたらどうぞよろしくお願いします。

この質問は、bvboukenka_1965さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
244
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

熊山達也の画像

専門家

bvboukenka_1965さん

リクエストマッチ

2017/10/2106:17:50

リクエストありがとうございます。

「~しなければならない」というような「すべき思考」が強い人に効果的なのは「意味論的技法」です。

意味論的技法とは?・・・

意味論的技法を用いるには、動揺を感じた時、感情的に多彩な言葉や有害な言葉を使わず代わりにより親切で穏やかな言葉を使うだけで良いのです。私たちは不安やうつ状態にあると、「~すべきである」、「~しなくてはならない」、「~であるべき」などの言葉を使って自分を責めたてます。

意味論的技法を用いるには、自分と自分が抱える問題について考える時、派手な、感情的に多彩な言葉の使用を避け、他の言葉に置き換えるようにします。例えば、「私はこんなにシャイな性格であってはならない」と心の中でつぶやく代わりに、「私はこんなに内気ではない方が望ましい」とつぶやきます。「私はあの過ちを犯すべきではなかった」と心の中でつぶやく代わりに、「あの過ちは犯さない方がよかった。しかし人間だから、時には過ちも犯す。おそらくそこから何かを学ぶことができるだろう」とつぶやきます。見ての通り、この技法はきわめて簡単です。「私はXをすべきだった」あるいは「私はYをすべきではなかった」と心の中でつぶやく代わりに、「私はXをした方が望ましかった」あるいは「Yをしなければよかった」などの表現を用いるのです。こうした意味論的な修正は、小さなことに思えますが、感じ方に与える影響はとても大きい場合があります。是非、試してみて下さい。

質問した人からのコメント

2017/10/22 21:46:32

ありがとうございました。
実践させていただきます。

回答した専門家

熊山達也の画像

熊山 達也

上級心理カウンセラー

あなたが抱えている心の重荷(悩み・問題)を軽くします。

はじめまして。カウンセラーの熊山達也です。 メンタル心理カウンセラー/上級心理カウンセラー/ヨガインストラクター/マクロビオティックセラピスト (一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定資格) 「私は、カウンセリングを通じて、人々の心と体に健...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/10/2106:29:58

夫に、よく御母さんって呼んでました。

御父さんって普段から呼んでる為、間違えたのか解りません…。
親みたいです…。

2017/10/2103:03:18

リクエストの人ではなくすみません。
私も、彼氏が親代わりみたいなものです。
彼氏にあってからずいぶんいきやすくなりました。
甘えてばかりなことに、ずっと引け目を感じてきましたが、現在、彼との間に子供たちもでき、子供たちもダメな私を慕ってくれてるし、こどもも一人は社会人となり、彼氏で今は夫の人も、「君と結婚して本当によかった」といってくれています。

夫が私にしてくれたことを夫にも返せるといいなと思っているし、自分が親にこうしてほしかった(愛情を持ってほしかった、応援してほしかった、決断を支持してほしかった)と思うことを子供たちにはするように心掛けてはいます(できてないかもですが)
今はお世話になっていても、逆に彼氏を支えてあげるチャンスも来るかもしれないと思ったので書かせていただきました。

夫や、うちの子たちは私が大きな失敗をしても、「死ぬわけじゃないから、いいよ、お母さん」とよく言います。本当にこの言葉には助けられています…

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

luv4u_thcさん

2017/10/2102:56:48

そうですね。

人に言われることが自分らしい答えであるかは、経験を通じて知ることだと思います。

女性である為に、受身になることは自然だと思いますよ。

だから今まで通りでいいと思います。

〜しなければならないとか、〜しなければ怒られるというのは、
物事を、事前に自分で判断してしまうことですよね。

私の経験で申し訳ないですが、〜しなければならないと思うと、やらされている、つまり人に動かされている=本意ではないから、ストレスになります。

例えば嫌いな人がいるとしましょう。

その人に悪口や傷つくことを言われたら辛いですよね。

ですがその時に2つの選択肢があることを覚えてください。

1 傷ついてふさぎこむ
2 相手の気持ちを推し量る

つまり人や物事への反応は選べるのです。

そこに責任を持てば、まず自分が変わります。
自分が変わることで、相手の反応も変わってきます。

これをインサイドアウトと言います。

次に〜しなければ怒られると思うことについて

これは勇気が必要です。

どういうことかというと、人を恐れるからこそ、恐れられてしまうのです。

まず自分が恐れないことで相手の恐れを取り除くことができます。

本当に実体験でこれは効果があります。

恐れてしまったり、怒られるのが怖い時は、ムリしてやらなくてもいいです。
ただ意外と大丈夫なことも多いということを知ってもらえたら幸いです。

生きているだけで充分だと思いますよ。
あなたが苦しみを覚えた分、人に優しくなれるし、強いはずです。

自分を責めなくなるには許すことです。
失敗したり、期待に答えられなくても、わざとではないし、
みんな違ってみんないいのです。

失敗しない人などいませんから、どこまでも許し、学び、反省して、
前に進む一歩を踏み出せば、本当に少しずつだけど大きく変わります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。