ここから本文です

体罰について私の経験を得ての必要性を質問させてください

maj********さん

2008/7/3100:04:59

体罰について私の経験を得ての必要性を質問させてください

体罰を見直す時期に来ているようなTV放送が多数あります
しかし、体罰を復活させるには私はいくつかの条件が必要になると思います
私の小学生時代は体罰の時代で何かあれば殴っている教師が普通にいました
悪い事をすると殴られるといった事です
たしかにこれは必要だと思いますが
体罰を全面的にOKにしてしまうと
暴走した教師が現れないという保証がないという悪循環を生む可能性があります
私は体罰は必要と思いますが
それを行使するには正当な理由が必要と思います
怒るのは感情が入るのは当たり前ですが、虫の居所が悪いだけでボコボコにした馬鹿担任もいました
特に酷かったのが、ある学年の時の担任で女教師で女尊男卑を普通に行ってきて
女子には異常に甘く、男子にはめちゃくちゃ厳しかったです
男子は殴る、本や硬いプラスチックの板で殴る
挙句の果てには、男子には連帯責任を取らせて
一人のやんちゃ坊主のために関係のない我々全男子は担任からビンタされました
今でも痛烈に記憶に残っています(絶対に許さん)
私は体罰は必ず必要と思いますが
このように暴走するバカ教師を止める事は必要です
体罰は必要ですがしっかりと出来る人が必要なのではないでしょうか?

閲覧数:
579
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

joi********さん

2008/7/3100:19:06

体罰というのは暴力とのライン引きが難しいんです。
もし明確な基準を定めずに許可すると貴方がおっしゃる
その馬鹿教師みたいなやつが図に乗って正に暴力を振るうんですよ。
体罰とか子供にどうやって罰を与えようかという議論より教師の質を
上げる教師の教育にも重点を置いてもらいものです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

編集あり2008/8/106:27:29

そうですね。
時には一喝することも必要ですしね。
教職にある人は体罰の振るい方をしっかりと学ぶべきだと思います。
どのような場合には「体罰」が必要か?教師(自分)が感情的になっていないか?体罰はどの程度にとどめておくか?等・・・・

しかし「暴走するバカ教師」がいて、男尊女卑または女尊男卑のような「思想」により連帯責任をとらされたりしたら「その教師の言い分」によっては、我が子を守るため、たとえ「モンスターペアレンツ」と呼ばれようと学校側と戦うかもしれません。
「その教師の言い分」が正しいと思えば何も言いません。
連帯責任も場合によっては必要だとも思いますので。

但し、武器や道具を使う事は論外です。
日本には日本の文化があり、それは欧米諸国やキリスト教圏とは異なります。
道具を使えば愛情表現など、日本人の文化では通用しません。
ましてや足蹴にするのは、我が国では最大の侮辱行為でしかありません。
文明は共有出来ても文化は共有するものではありません。
どうしても、そのようにしたければ、キリスト教圏の武器で折檻してくれて愛情を持って足蹴にする学校にいれるのは自分の子だけにしてほしいですね。

par********さん

2008/7/3109:25:18

その教師がどのくらい真剣に子供たちの教育に取り組んで
いらっしゃるかに夜と思います。そんなことは家庭訪問など
でわかるよう保護者の観察眼も養う必要がありますね。
まさに体罰は必要ですがしっかりと出来る人が必要なのです。
しっかり出来るというのは子供たちの将来などを思って叱って
くれる先生です。

ちなみに他の回答者様で道具を使ってとありますが、はっきり
言って論外です。なにかの本の読みすぎではないでしょうか?
自分の手で殴るから自分も痛いのです。道具を使うという
行為は自分の手が痛くならないようにするためのものであり
それを正当化するのは間違っています。
こういう方が増えているから最近は加減が分からず殺してしまう
事件が多発していると思います。

top********さん

編集あり2008/8/307:24:57

本当に体罰が必要であれば警棒や催涙スプレー、スタンガンを持たせるべきだと思います。学校教育法による禁止のみならずに体罰が否定されている根拠として、警棒すら持たない丸腰だからです。体罰が職権の一部として認められている職業は警察官、刑務官、海上保安官などの公安職に加えて、税関職員が存在します。民間人では警備業法の制約を受けるものの、警備員が警棒を持っています。キリスト教圏では基本的に素手で叩くのは感情的であり、叩かれた相手から恨まれる・憎まれるようですが、道具を使って叩けば愛情表現になると言われています。護身術でも中途半端に攻撃をすれば、かえって相手を怒らせるだけです。従って、平手打ち(ビンタ)なんかは金的か耳を狙って鼓膜を破いて平衡感覚を失わせる以外は不適切な方法であり、愛情のかけらなんてありません。私はキリスト教徒ではありませんが、体罰は道具を使うべきですね。日本国内でも相撲部屋のように体罰にお玉や竹刀、金属バット等の道具が使われているからです。ただ、例外的に足蹴りや膝蹴りは愛情表現になり、弁慶の泣き所を蹴ると、戦意損失すると言われています。海外のニュース動画でもよく機動隊がフーリガンやデモ参加者を警棒で殴り倒したり、地面に倒れてうずくまっているところを足蹴りにしたり、催涙スプレーを掛けていることがありますが立派な愛の鞭であり教育的指導の一例です。素手で対処しようとしても、愛情が伝われずに言うことを聞きませんし反撃されるだけでしょう。素手ではなく警棒で殴るからこそ、痛み以上に愛情が伝わることが多いのです。北米ではスクールポリス制度が存在して、科目を教えるのは教職員ですが、体罰を与えたり学校内の秩序を保つのは警察官の役目として分担しています。体罰用にワイヤー針付きのスタンガンであるテーザー銃も導入されていることが多いようです。日本でもスクールポリスを導入するのが理想的ですが、現実的には難しいので警備業法の制約を回避するために自治体が直接雇う引率中の警備を含めた守衛が体罰を与えるようにすればよいのではないでしょうか? 護身用品は刃物や銃と異なり非殺傷性であるため上手く使いこなせば、非常に効果的な体罰を与えることが出来る体罰用品として最適な物ばかりと言えるでしょう。

hid********さん

2008/7/3106:22:17

「連帯責任」で一人のヤンチャ坊主のために他の生徒も叩かれる事については別に問題ないと思いますよ。
叩かれたくなかったら、クラス全体が悪い事をしなければ済む話なんですから。

高1のときの担任が正にソレでした^^;
完全に女尊男卑で、いつも男子は叩かれました。。
でも、連帯責任でクラス全体の男子が叩かれてたので3学期には殆ど悪さをする人間は居なくなって、それはそれで良かったのかなと・・。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mog********さん

2008/7/3101:13:16

ぶたれるのが嫌なので悪い事はやめますかね?

学生時代は体罰はありましたけど、基本的に悪い子は皆ぶたれても悪い事をしていました。掃除をさぼってげんこつ1発では安いです。げんこつを食らった方が得と考えています。やられたらキツいほどの体罰、ビンタ20回とかをすれば掃除はするでしょうが、それでは暴力です。だから、そんなげんこつや1発のびんたくらいであれば導入しても意味ないと思います。必要なのは、掃除罰のような「役立つ罰」ではないでしょうか。肉体を痛めつけても誰も得をしません。苦痛が必要であれば、役に立つ事をしてくれと。1、2発ぶたれるより、30分でも1時間でも拘束されて掃除させられる方が苦痛です。

正直掃除とかは「ぶたれて済むのはずるい」と思います。ぶたれたって、その分の掃除は他の子がやらなきゃいけない訳で。掃除をサボったら掃除を、勉強道具や宿題を忘れたら補習を、というように、本人がやりたくない事を拘束してやらせなければ、繰り返すだけだと思います。

肉体への苦痛が必要であれば、対人の暴力ではなく、腕立てや腹筋、空気椅子、マラソンなどの大人の手加減と無関係な物をやらせればいいのではないでしょうか。でもそれだって楽な子にとっちゃ楽です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる