ここから本文です

現在のイギリス王室及びオランダ王室は元はドイツ系?

mri********さん

2008/7/3115:21:18

現在のイギリス王室及びオランダ王室は元はドイツ系?

現在の英国王室ウィンザー家と蘭国王家オラニエ=ナッサウ家は元々、家系をたどればドイツ系貴族だったと聞きましたが本当でしょうか?詳しく教えてください。

閲覧数:
14,811
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2008/7/3120:35:47

イギリス・オランダに限らず、
ヨーロッパのほとんどの君主国の君主はドイツ系です。

イギリスのウィンザー家(旧名ハノーヴァー・サクス・コバーグ・ゴータ家)は、
ヴィクトリア女王(ドイツ系のハノーヴァー家)とアルバート(ドイツのザクセン・コーブルク・ゴータ家)の子、
エドワード7世からの王朝です。
また、オラニエ=ナッサウ家は神聖ローマ皇帝を一人だけですが輩出したドイツのナッサウ家の庶流です。

他にも、
デンマーク王家 グリュクスボー家→ドイツ系のグリュクスブルク家から
ノルウェー王家 グリュクスブルク家(すみません、ノルウェー風の発音分かりません)→デンマーク王家グリュクスボー家から(つまりドイツ系)
ベルギー王家 ザクセン・コーブルク・ゴータ家→ドイツ系から

しばらく前だと、
ギリシア王家 グリュクスブルク家(すみません、ギリシア風の発音分かりません)→デンマーク王家グリュクスボー家から(つまりドイツ系)
ブルガリア王家 サクス・コブルク・ゴツキ家→ドイツ系ザクセン・コーブルク・ゴータ家から
ルーマニア王家 ホーエンツォレルン・ジグマリンゲン家(すみません、ルーマニア風の発音分かりません)→ドイツ系ホーエンツォレルン・ジグマリンゲン家から
オーストリア王家 ハプスブルク・ロートリンゲン家 もちろんドイツ系
プロイセン王家 ホーエンツォレルン家 もちろんドイツ系
ロシア王家 ホルシュタイン・ゴットルプ・ロマノフ家 ロシア系のロマノフ家(エリザヴェータ)とドイツ系のホルシュタイン・ゴットルプ家(ピョートル3世)から
などなど

*イギリス王家が「ウィンザー」に改姓したのは、当時つまり第一次世界大戦時の敵国ドイツ風の名を嫌ったからということです。
*ホーエンツォレルン家とホーエンツォレルン・ジグマリンゲン家は親戚ですが、かなり遠い親戚です。
*ロシア王家はピョートル3世が妻のエカチェリーナ2世に廃されてしまうなどややこしいので普通そのままロマノフ家と呼びます。
ピョートル3世はロシア女帝エリザヴェータの姉妹の子です。

ちなみに現在ヨーロッパの世襲の君主国でドイツ系でないのは
スペイン(ブルボン家でフランス系)
スウェーデン(ベルナドッテ家でフランス系)
モナコ(グリマルディ家でイタリア系)
のみです。

このようにドイツ系王朝が増えたのは、国内の後継者争いをなるべく避けるためです。
例えばある王国で王家が絶えた時に、次の王についての問題が当然起こります。
その時に国内に有力な後継者がいない場合、後継者を自国から選んでいたら、国内では多くの派閥があるため、派閥同士争って国が分裂してしまい(例:ばら戦争)、他国に付け入る隙を与えてしまうことになります。
これを防ぐため、どの派閥ともあまり関係ない第三者を新しい王に迎えることがよくありました。

ある程度時代が経ったころの神聖ローマ帝国はもはや名ばかりで、王国や公国を初め、幾つもの国に分裂している状態でした。
そのため、ドイツには多くの王家などの名門の人々がおり、他の国にとってはその第三者の宝庫だったといえます。
そのためドイツの名門から多くの人が色々な国の君主に迎えられました。
これがヨーロッパの多くの王家がドイツ系である理由です。
ヨーロッパの主な国でドイツから君主を迎えたことのない国はフランスなど数えるくらいしかありませんでした。

ちなみに、ヨーロッパでは王家同士の政略結婚が非常に頻繁にされていたので、
どの国の王家とも大概血縁関係がありました。
そのため、次の王を選ぶときに前の王家との血縁関係があることは重要な条件だったでしょうが、
上記のような理由でどの王家とも普通は血縁関係があったため、そこまで問題にはならなかったようです。

ではなぜドイツと同じように分裂していたイタリアからは他国に君主として迎えられた人が少ないのかというと、
イタリアはどちらかというとヴェネツィアやジェノヴァを初め共和国が多く、
また君主国でもハプスブルク家やブルボン家といったヨーロッパ屈指の名門から王などを送り込まれたり同君連合状態になったりしている国が多かったため、
派閥争いを防ぐのにはあまり意味がなかったからと言えます。
全くなかったわけではなく、例えば成立直後のイタリア王国のサヴォイア家はスペイン王を一人だけですが輩出しています。

ものすごく長くなってすみません。。。

「ハノーファー家」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

na_********さん

2008/7/3115:36:56

ヨーロッパの王室の場合、国際結婚ばかりですから、何系というのは意味を持ちません。
王室はみな親戚関係になってしまいます。
一応現在のイギリス王家は、ウインザー家で、第一次大戦まえは、ハノーバー家といい、ドイツのハノーバー王家です。
しかし、第一次大戦で、ドイツと敵対した時、ウインザー家へと改名し、イギリス系の王家となりました。
オランダも同じで、オラニエ・ナッソウ家にしても、そこに出てくるナッソウは、ドイツの領邦君主です。
スペインの王家が、フランスのブルボン家の出であることは有名です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる