ここから本文です

【500枚】英文記事の和訳の添削をお願いします。おかしなところがあれば指摘してい...

アバター

ID非公開さん

2017/11/802:13:40

【500枚】英文記事の和訳の添削をお願いします。おかしなところがあれば指摘していただきたいのと、括弧で注を入れているところがよく分かりません。

元記事はこちらです。
http://www.bbc.com/news/science-environment-41332013


Mexico had barely begun to deal with the aftermath of one big quake before another rocked the country. People will naturally ask: are they related? Did one cause the other?

メキシコは他の地震に襲われた国の前に(?)大地震の余波になんとか対処し始めた。人々は当然ながら問うだろう。それら(2つの地震)は関係しているのか?ある地震がもう一方の地震を引き起こしたのか?


Seismologists will spend a good deal of time in the coming months debating this issue, but on the face of it they look to be unconnected.
地震学者は次の月の時間をこの問題の討論にうんと費やすだろう。しかし一見したところそれら(地震)は一貫性のないように見える。

The 7 September, magnitude 8.1 event certainly struck a similar region of the tectonic boundary, but the hypocentre - the point of origin within the Earth - was some 650km (400 miles) from Tuesday's magnitude 7.1.
9月7日、マグニチュード8.1の出来事は確かに似たような地質基盤の地域の境界を襲った。しかしその震源─地球内部の起点は火曜日のマグニチュード7.1の地震のものから約650km離れていた。

If the second quake were an aftershock you would normally expect a closer proximity, say seismologists - within 100km.
もし2番目の地震が余震なのであれば、あなたは普通はもっと近いことを予想するだろうし、地質学者も(余震なのであれば普通は)100km以内だと言う。

That's not a definitive statement and scientists are sure to pore over the data as it comes in.
それは決定的な言葉ではない。また科学者はきっとデータをじっくり考える。【as it comes inがよく分かりません!】

Perhaps they will eventually identify a way in which stress was transferred within the crust.
おそらく彼らは結局は地殻の中でどうやって圧力が移動したかを特定するだろう。


What is related, for sure, is the driver. Mexico sits above three large tectonic plates.
何が関係してるか、確かに(?)何が動かしているのか。メキシコは3つの大きな地殻変動のプレートの上に位置している。

Both the 7 and 19 September events occurred where the Cocos plate, which carries the Pacific Ocean floor, dives under the North American plate, the platform for most of the Mexican landmass.
9月7日と9月19日にココスプレートで起きた出来事(地震)のどちらも北アメリカプレートの下に潜っている、メキシコの広大な土地の大部分の一段高くなったところである、太平洋の海底を運んできた。

The Cocos plate is converging at a rate of about 75mm (nearly 3 inches) a year, and does a kind of kink as it descends, making a steep downward movement before flattening out, before then dipping again.
ココスプレートは1年に約75mmの割合に集中しており(?)、【and does a kind of kink as it descendsの訳し方がよく分かりません。】、再び傾斜する前に平らになる、その前の急な下方への動きを形成している。

閲覧数:
42
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kiy********さん

2017/11/811:35:03

地震の仕組みなどについては、私は知識がありませんので、英文から想像できる範囲で私が理解した解釈で和訳を考えました。


メキシコは他の地震に襲われた国の前に(?)大地震の余波になんとか対処し始めた。
➡メキシコは大地震の余波(崩壊された建物やインフラ、死者負傷者、避難民などのことを指すと思います) の対処に手をつけたかつけないかのうちに、またさらに次の地震に襲われました。

似たような地質基盤の地域の境界➡ 地殻の境界線(付近の) よく似た地域

あなたは普通はもっと近いことを予想するだろうし、地質学者も(余震なのであれば普通は)100km以内だと言う。
➡ 普通もっと距離が近い-100km以内 と考えるでしょう、と地質学者は言います。

as it comes inがよく分かりません!➡ このit はdataです。 (更に)データが出てくると科学者たちはそれらをじっくり分析する、というような意味です。

何が関係してるか、確かに(?)何が動かしているのか。
➡ 関連しているものが原因であるということは確かだ。

9月7日と9月19日にココスプレートで起きた出来事(地震)のどちらも北アメリカプレートの下に潜っている、メキシコの広大な土地の大部分の一段高くなったところである、太平洋の海底を運んできた。
➡9月7日と19日の出来事はどちらも、太平洋の海底が乗っているココスプレートが、メキシコの広大な土地の大部分のプラットフォームとなっている北アメリカプレートの下に沈み込んでいる場所で起こった

a kind of kink as it descendsの訳し方がよく分かりません。】、再び傾斜する前に平らになる、その前の急な下方への動きを形成している。
➡ ココスプレートはある一定方向に年に約75mmの割合で移動し、下がって行きながら、急な傾斜で下降、そして平らに戻り、また下方に沈み込み、言わば唐突な動きを起こします。

Kink と言うのは、寝違いで首が痛い時など、I got a kink in my neck.と言ったり、ホースが途中でねじれて水がそこで止まっているような場合にも、ホースにkink があると表現します。 でもここでは、kink= hiccup, glitchという意味もありましたので、その使い方じゃないかなと思います。 ひとつのプレートが隣のプレートの下に沈み込みながら揺れたりきしんだりして地震を起こす様子を説明しているのではないかと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fuj********さん

2017/11/811:32:59

Mexico had barely begun to deal with the aftermath of one big quake before another rocked the country. People will naturally ask: are they related? Did one cause the other?
メキシコが、大地震の余波に対処し始めるやいなや、別の自身がメキシコを揺らした。人々は当然ながら問うだろう。それら(2つの地震)は関係しているのか?ある地震がもう一方の地震を引き起こしたのか?

hardly ~ when …「~するやいなや…する」
http://eigozuki.com/html/reibun/hardly-when.shtml

Seismologists will spend a good deal of time in the coming months debating this issue, but on the face of it they look to be unconnected.
地震学者は、向こう数カ月間、この問題を議論するのにうんと時間を費やすだろう。しかし一見したところ、それら(地震)は、関係ないように見える。

The 7 September, magnitude 8.1 event certainly struck a similar region of the tectonic boundary, but the hypocentre - the point of origin within the Earth - was some 650km (400 miles) from Tuesday's magnitude 7.1.
9月7日のマグニチュード8.1の大地震は、確かに、構造境界の中の似たような地域を襲った。しかし、その震源─地球内部の起点ーは、火曜日のマグニチュード7.1の地震から約650km離れていた。

If the second quake were an aftershock you would normally expect a closer proximity, say seismologists - within 100km.
もし、2番目の地震が余震であれば、普通、2つの震源はもっと近い、例えば100km以内でしょうと、地質学者は言う。

※say seismologistsは、英文では文の中に挿入されていますが、訳すときは普通に、文の最後に「~と地震学は言う」でも良いですね。

That's not a definitive statement and scientists are sure to pore over the data as it comes in.
それは、決定的な意見ではない。そして、科学者は、データが入って来るたびに、データをじっくり考えるに違いない。

What is related, for sure, is the driver. Mexico sits above three large tectonic plates.
確かなのは、関係しているのは、伝達機構(ドライバー)だ。メキシコは、3つの大きな構造プレートの上に位置している。

Both the 7 and 19 September events occurred where the Cocos plate, which carries the Pacific Ocean floor, dives under the North American plate, the platform for most of the Mexican landmass.
9月7日と9月19日の大地震は、太平洋の海底を運ぶココスプレートが、メキシコの広大な土地の土台である北米プレートに沈み込む部分で起きた。


where は関係副詞で、この文では先行詞が省略されています。
the North American plateと the platform for most of the Mexican landmassは、同格(言い換え)です。

The Cocos plate is converging at a rate of about 75mm (nearly 3 inches) a year, and does a kind of kink as it descends, making a steep downward movement before flattening out, before then dipping again.
ココスプレートは、1年に約75mmのスピードで近づいてきていて、それが沈み込む際、ある種のねじれが生じる。そして、そのねじれが解消し、再び沈み込む前に、急激な下向きの動きを生じさせる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる