ここから本文です

司馬遷の刺客列についてです。

bea********さん

2017/11/1015:02:08

司馬遷の刺客列についてです。

【曹沬】(そうかい)と【荊軻】(けいか)の話を通してなにを伝えたかったと思いますか?
【曹沬】(そうかい)と【荊軻】(けいか)に別々に感想を教えて下さい
お願いします

閲覧数:
137
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ste********さん

2017/11/1101:34:09

中国の歴史書のなかで、刺客列伝という暗殺者の伝記をまとめた項目があるのは
『史記』だけです。
司馬遷は、荊軻たち刺客を歴史を語るうえで外せない人物だと考えたのでしょう。

しかし、それ以後の歴史家たちは、刺客を評価しなくなってしまったのです。
現代の我々でも、テロリストを評価することはありません。
刺客とはテロリストと同義の存在です。

>なにを伝えたかったと思いますか?

これはなかなか難しい問題です。
司馬遷は『史記』の刺客列伝の最後に、このようにまとめています。

【自曹沫至荊軻五人,此其義或成或不成,
然其立意較然,不欺其志,名垂後世,豈妄也哉!】

ここで、何度か「義」が出てきています。
荊軻たち刺客は、義のために生き、義のために死にました。
この「義」が大切だと司馬遷は訴えたかったのかもしれません。

最後のところは、「志を欺かず、歴史に名を残したのが、
どうして妄でないといえるか!」
とあります。
自分の信念をまげなかった刺客たちを評価した一文になっています。

司馬遷は、皇帝たちの本紀から、諸侯たちの世家、
武将や政治家など様々な列伝をまとめました。
司馬遷のまとめた歴史は、君主の目線だけでなく、
庶民からの目線も含まれていました。
君主にとっての正義、刺客にとっての正義、それぞれ異なっている、
と言いたかったのかもしれません。

>別々に感想を教えて下さいお願いします

曹沬は、「ソウバツ」とルビを振ることが多いです。
沬は、「カイ」とも読めるため、ソウカイでも問題はありません。
この人は、テロリストでかつ外交官という面白い実績を残しています。
刺客列伝の中で、珍しく成功した人物です。
ただ、成功した分、物語としてはあまり面白くありません。

荊軻は、『史記』で取り上げられた人物の中でも
最も魅力のあるキャラクターでしょう。
物語としては、始皇帝の暗殺に失敗しただけのテロリストです。
しかし、小説や漫画の元ネタになるくらい『史記』で描かれた
荊軻は魅力的です。
司馬遷の筆が一番力が入っている部分といってもよいくらい
かもしれません。

  • 質問者

    bea********さん

    2017/11/1111:53:17

    荊軻は始皇帝をなぜ暗殺しに行こうと思ったのでしょうか?田光に恩義を感じ田光から頼まれたから行ったのだと私は思うのですがどう思われますか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる