ここから本文です

エステサロンの解約についての相談です。 2年間くらい通っているエステの継続をし...

aiu5656hyukhiljさん

2017/11/1314:36:57

エステサロンの解約についての相談です。
2年間くらい通っているエステの継続をしないといけない時期になり、担当の方から継続特典で初回より安くなるという事で契約しました。その後に担当し

てもらっていた方が急に辞めることになり、私の担当が変わることになりました。
私的には、その担当の方がしてくださるものだと思ったから継続でお金を支払ったのに、その直後に担当の方が辞めて、違う人になることに納得がいきません。
まだ変わってから一度もエステに行っていないので、電話で解約を申し出たらクーリングオフ期間を過ぎている為、解約料が発生するとのことでした。それに担当が辞めることになったのはつい最近のことで、スタッフの方もギリギリまで知らなかったとの返答でした。

確かにクーリングオフ期間は過ぎていますが、担当の方が辞めると知っていたら継続の契約はしませんでした。
何か騙された感覚がしているのですが、この場合でも中途解約扱いになって、解約料が発生するのでしょうか?

閲覧数:
39
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yui_1919199さん

2017/11/1323:39:30

startrekussncc1701さん の回答が基本的に
正解ですが
一つ気になる点が。。。

>私的には、その担当の方がしてくださるものだと思ったから

この点です。

それは質問者さんが勝手に思っていたということは
ないですか??

この事実を確認していたかどうか、
ここがポイントになる可能性は十分です

確認をしていないと消費者契約法
不実告知が適用されない可能性もあります

確認をしていないと
エステ側は
「担当者に関係なくエステの施術自体に
満足をして再契約をした」という主張を
することも十分です

それはそれでエステ側の主張も
納得できる点があります

それでも同じ回答になりますが
中途解約は法律で認められています

最大で2万円の解約料ですので
無資格者のエステティシャンにしてもらうよりは
国家資格を持っているあんま指圧師にしてもらったほうが
私は良いと思いますよ

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/11/1318:50:49

不実告知(消費者契約法4条1項1号)が存在します。

重要事項について事実と異なる事を告げることによって、消費者が その重要事項を誤認した結果、契約を締結してしまった場合には、当該契約を取り消すことができます。

詳しくは・・・http://office-hamada.com/consumer/consumer04_1_1.htm

ただ「担当が辞めることになったのはつい最近のことで、スタッフの方もギリギリまで知らなかった」との返答なので↑が適用出来るか不明ですが・・・「担当者」が継続して施術する前提で「契約更新」したと「強調」して下さい。

蛇足
エステの中途解約は「特定商取引法(第49条)」で厳格に規定されています。

詳しくは・・・http://www.no-trouble.go.jp/what/continuousservices/の7 中途解約(法第49条)を熟読して下さい。

もし、中途解約と為った場合は「A.契約の解除が役務提供開始前である場合」が適用されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

miityo_51さん

2017/11/1314:40:09

契約書に担当についてかかれているのなら別でしょうが…。
解約料はかかるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。