ここから本文です

玉ネギの保存法についておたずねします。私は、収穫すると、畑に3日間天日にあて、...

jjo********さん

2017/11/1417:09:42

玉ネギの保存法についておたずねします。私は、収穫すると、畑に3日間天日にあて、その後、風通しのいい、日陰に束ねて吊るしてます。

それで、教えてほしいのは、10月頃になると、皮をむくと、黒く煤がついてます。毎年のことです。洗えばきれいになりますが、店に売ってるので、こんなのは見ません。黒い煤がつかなくなる方法というか、私のやり方のどこがいけないかとか、何でも結構ですのでお願いします。よろしくお願いします。

閲覧数:
135
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

edo********さん

2017/11/1418:23:05

・褐色の内側に付く黒いもののことではないですか。これは煤ではなく、黒カビ病(Aspergirus)の胞子。
・黒カビ病は私たちの生活の周りのそこら中に存在するカビの一つですが、菌にとって条件が良い場所に繁殖します。たとえば、保存中の食パンやお餅など。
・保管中の玉葱の青白い部分から水分が蒸散(タマネギの鱗片にも気孔がある)し、褐色の皮の内側にとどまり、湿度となってカビの生えやすい環境条件になるからです。
・それを防ぐのは大変なことですが、位置を変えたりして、保管中の玉葱に万遍なく通気性を与えるしか、ないでしょう。しかし、余り通気性をよくすると、玉葱そのものの水分を失うことになり、鮮度保持が難しくなると逆のリスクも生じることになります。

  • 質問者

    jjo********さん

    2017/11/1419:28:19

    回答ありがとうございます!よくわかりました。菌とは。保管の方法を考えてみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる