ここから本文です

三菱信託銀行のニュースに、法人向けの融資と資産運用業務の間に利益相反があった...

mar********さん

2017/11/2000:13:13

三菱信託銀行のニュースに、法人向けの融資と資産運用業務の間に利益相反があったため、法人向け融資事業をやめたとあったのですが、利益相反とは具体的にどういったことでしょうか?

ご回答

よろしくお願いします。

閲覧数:
63
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aho********さん

編集あり2017/11/2008:07:51

その記事は読んでいませんが、一般的に端的言えば、融資を希望している人にその『優越的地位を利用して』投資信託購入、生命保険契約などをお願いする行為です。抱き合わせ販売みたいな話です。

相手が人でも会社では同じですが、それを匂わすような表現でもアウトです。

『融資してもいいのですが、社員の人に10人くらい生命保険に入ってくださいよー』とか『法人としてひとつお付き合いってことでよろしく〜』みたいな感じです。融資という銀行の地位(武器)を利用して、本来と全く関係ない銀行にとってメリットがある商品を売りつけることです。
弊害として、融資審査がないがしろにされ、客観的融資が阻害されリスク管理上問題があることや金融商品を顧客のニーズがないのに無理矢理購入させるので投資家保護の観点から違法となります。営業協力というわけのわからない言葉のもとで昔はよく使われていました。
スーパーなどで出入りの業者に陳列棚への作業をさせることも該当すると思います。
だから、これは金融に限らず全業種に言えることです。軽い気持ちでも言わないようにしないと、厳しい会社では解雇の対象になります。

質問した人からのコメント

2017/11/24 13:14:44

お二方とも、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2017/11/2010:11:06

正確には三菱UFJ信託銀行ですね。

信託銀行における利益相半行為とは下記サイトに書いてあります。
www.financepensionrealestate.work/entry/2017/10/27/204201

今回、三菱UFJ信託銀行の法人融資を、三菱東京UFJ銀行に全面移管することになったのは、金融庁と三菱UFJホールデイングスの平野社長の仕業です。

三菱UFJ信託銀行側は「絶対に反対」と抵抗しましたが、平野に強姦(?)された、というのが実態です。
仲裁に入った三菱東京UFJ銀行の小山田頭取は心労のあまり病気になり、頭取職をわずか1年で辞めることになりました。
http://ascii.jp/elem/000/001/524/1524181/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる