ここから本文です

徳川吉宗の側室で、9代将軍・徳川家重の生母である "お須磨の方(須摩)" は、いつ...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2311:00:39

徳川吉宗の側室で、9代将軍・徳川家重の生母である "お須磨の方(須摩)" は、いつから徳川吉宗に仕え初めたのでしょうか?

吉宗が紀州藩主になるよりも前でしょうか?、後でしょうか?

お須磨の方(須摩)は、いつから徳川吉宗に仕え初めたのかを、教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,365
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yas********さん

2017/11/2311:29:55

お須磨の方は吉宗の吉州藩主時代の側室で、大久保忠直という紀州藩士でした。藩主の側室として若くして亡くなったので、あまり逸話がありません。深徳院の法名をもらい、池上本門寺に埋葬されました。その後、家重が将軍になると、従二位を贈られました。

藩主になってからの側室です。家重を産んだのが1711年、吉宗は1705年に紀州藩主になっています。

「徳川吉宗 側室」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rui********さん

2017/11/2312:05:33

家重は、紀州藩屋敷でうまれたので、それより前です。

おすまの方は24才でした。二年後に難産で母子ともに死亡しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる