ここから本文です

葬儀、葬式、通夜の違いを教えてください。

アバター

ID非公開さん

2008/8/701:12:58

葬儀、葬式、通夜の違いを教えてください。

閲覧数:
28,628
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

debiru2493さん

編集あり2008/8/1000:39:34

通夜=夜伽(よとぎ): 葬儀前夜に夜通しで故人の成仏を祈る儀式のこと。
起源は、釈迦の入滅後悲しんだ弟子たちが遺体を守りながら
夜通し説法を行ったという故事によるのが通説。
『古事記』に記された天若日子(あめのわかひこ)の葬送を起源とする説もある。
通夜は本来、夜通しで行うとされるが最近では夜6時ごろから9時ごろまで
一般の参列者を招き僧侶の読経も1回のみという形になってきている。
その後は、翌日の葬儀まで、近親者が夜通し付き添うのが習わしになっている。
(新しい霊がさまよい、古い悪霊に取り付かれたり、帰る場所や居る場所に迷うから)

葬儀、葬式は同じ:人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部。
葬制:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
葬制(そうせい)とは、人間の死にまつわる習慣や慣習のこと。
狭義には遺体処理の儀礼を指す。
広義には死後の宗教的儀礼の方法や墓制度なども含まれる。
遺体処理については火葬、土葬、埋葬、鳥葬、風葬、洗骨葬の他に
水葬などの遺体放棄などに分けられる。
仏式ならお坊さんにお経を上げてもらう。坊さん無し友人層もある。日本は火葬。

葬儀・告別式
葬儀は「遺族や近親者が故人の冥福を祈るために」営むもの。
告別式は「故人の友人や知人が故人と最後のお別れをするための」儀式。
葬儀と告別式は本来違った意味を持つ儀式の為、葬儀を終えた後に告別式を
行うのが正式ですが、近年では葬儀と告別式を同時におこなうことが多い。

アバター

質問した人からのコメント

2008/8/10 01:24:52

回答ありがとうございました。とてもわかりやすかったです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。