ここから本文です

【暴行罪について】 御覧頂き有難う御座います。 『暴行罪』というのはどこから...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2706:34:35

【暴行罪について】
御覧頂き有難う御座います。
『暴行罪』というのはどこから当てはまるのでしょうか?

以前テレビを観ていたらいわゆる「壁ドン」は厳密に言うと暴行罪に当たるとやっていて驚きました(一生する機会はないと思いますが(苦笑))。後大声をあげて驚かせた場合なども適応されると聞きました。
自分でも調べてみたのですが、物理的な危害、有形力(?)と言うのでしょうか、は分かるのですが、「耳元で何時間も大太鼓を鳴らした場合」や、「四畳半の部屋で抜き身の日本刀を振り回した場合」など、どんな状況なんだという事例まで書いてあったのですが、直接相手の身体に触れていなくても適応される場合があるという事は分かったのですが、とにかく相手を驚かせたり、怯えさせる行為をしたら対外抵触するとその番組では解説していたのですが、では一体どこからが暴行罪に当たるのでしょうか?

例えばなのですが、自分はたまに路上で輩に絡まれる事があります。絡まれると言ってもすれ違い様に「ゴラァ!!」など、色々あるのですが、よく分からない怒鳴り声をこっちに向かってあげられるという謎行為で、それ以上何かして来る訳ではありません。そのままスルーして終わりです。しかしこちらとしては十分怖いです。精神的ストレスが大きいです。突然見知らぬ人間にすれ違い様に大声を上げるというこの行為は暴行罪になるのでしょうか?

後、身体に触れる場合ですが、これもどこからが暴行罪に当たるのでしょうか。
突然腕を掴む、服を掴む、よく喧嘩のシーンなどで見られる胸ぐらを掴む行為や挑発的に相手の肩を小突くなど、この時点で厳密に言って適応されるのでしょうか?

その他、
・拳を振り上げて殴る真似をして相手を怯えさせる(実際には殴らない)
・集団で囲い込んで長時間先を通せなくする(まだ触れてはいない)
・理由もなく追いかけて来る
などはどうなるのでしょうか?
相手の足元に石を投げつけるだけでも適応されると書いてあったのでやはり適応されるのでしょうか?

お詳しい方御回答頂ければ幸いです。宜しく御願い致します。

閲覧数:
134
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

puk********さん

2017/11/2911:26:14

刑法
第二〇八条 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

暴行罪について、条文では「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったとき」とあり、暴行罪と傷害罪は補充関係にある。
一方で、暴行を手段とする犯罪は多くある。例えば、公務執行妨害罪や強盗罪、強制わいせつ罪など・・・

しかし、その行為を犯罪として処罰するうえで、「暴行」といっても、犯罪の類型によって、その概念に幅が生まれてくる。
例えば、公務執行妨害罪と強盗罪の暴行の概念が全く同じであってはおかしくなる。
強盗であれば、相手方の反抗ができなくなるくらい、若しくは反抗する気力を失わせるくらいの暴行が用いられていれば、それは誰もが強盗と考えるだろう。
ところが、公務執行妨害罪の暴行を考えてみた場合、公務執行妨害罪の保護法益は、「公務の円滑な実施」であるため、強盗罪と同じ暴行の概念を用いるわけにはいかない。
そのため、強盗罪では「人の反抗を抑圧する(完全に抑えつける)に足りる程度の暴行とされ、一方で公務執行妨害罪は、人の身体に向けた間接的な人に向けられた間接的な暴行(人の身体に向けられることを要しない)に足りる程度の暴行とされている。公務執行妨害罪の暴行は、具体的な例を挙げると、公務中の公務員が持っている文書を取り上げようとしたりする場合などがある。この場合では、有形力がその公務員が持っている文書に向けられているが、間接的にはその公務員に向けられているといえる。

で、暴行罪は傷害罪の補充的な規定である。そのため傷害罪もそうだが、暴行罪も保護法益は人の身体である。このことから、暴行の概念として、人の身体に(直接)向けられた有形力の行使ということが導ける。

ここからが難しいが、では人の身体に直接向けられた有形力ということであるが、身体の接触がある有形力の行使は該当することは言うまでもないが、身体への接触がないものについては、どのように判断するのか?ということが問題になってくる。
で、くどいのだが暴行罪は傷害罪の補充的な規定である以上、人に傷害を加える危険のある行為をしている以上、それがたまたま接触しなかったとしても暴行罪の既遂として処罰できるとする学説の多数意見である。

質問内にあった「とにかく相手を驚かせたり、怯えさせる行為をしたら」という番組での説明は、間違ってもいないが、正しくもないかなって思える。つまり、人の身体に危険性が発生する場面において、大抵は驚いたり、怯えさせたりすることになるから、そういった説明がされたんだろうと思う。

質問に挙げられた、「四畳半の部屋で抜き身の日本刀を振り回した場合」は、明らかに傷害の危険を発生させているため、暴行罪は既遂となる。「耳元で何時間も大太鼓を鳴らした場合」でも、心身に危険ーストレスによる疾病や障害(不眠症や統合失調症等々)の危険が発生していると判断される程度のものであれば、暴行罪の成立を妨げないとえる。

で、回答の本題。以上のことから・・・
「突然腕を掴む、服を掴む、よく喧嘩のシーンなどで見られる胸ぐらを掴む行為や挑発的に相手の肩を小突くなど、この時点で厳密に言って適応されるのでしょうか?」
身体接触がある有形力の行使である以上、暴行罪は成立する。

「・拳を振り上げて殴る真似をして相手を怯えさせる(実際には殴らない)」
この場合、確かに傷害の危険が生じているかのように思えるが、具体的な危険性とは言えないため、暴行罪の成立は難しいといえる。但し、脅迫罪は成立するものと考えられる。

「・集団で囲い込んで長時間先を通せなくする(まだ触れてはいない)」
この場合では、身体の接触もなく、身体への危険が生じていないため、暴行罪は成立しない。但し、長時間、人の身体の移動の自由を奪っていれば、逮捕監禁罪が成立する。

「・理由もなく追いかけて来る」
これが非常に難しく、追いかける手段や状況等を鑑みなければならないが、暴行罪が成立する余地は十分にあるといえる。
例えば、歩行者に対してバイクや自動車等で執拗に追いかけまわすようなことであれば、直接身体に接触していないが、傷害の危険性が発生しているため、暴行罪の成立は認められると考えられる。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pot********さん

2017/11/2707:24:58

あくまで法律クイズとして解答する。

つまり、余り実益のない質問と解答ということね。

>突然見知らぬ人間にすれ違い様に大声を上げるというこの行為は暴行罪になるのでしょうか?

暴行罪になりません。

>突然腕を掴む、服を掴む、よく喧嘩のシーンなどで見られる胸ぐらを掴む行為や挑発的に相手の肩を小突くなど、この時点で厳密に言って適応されるのでしょうか?

暴行罪になります。

>・拳を振り上げて殴る真似をして相手を怯えさせる(実際には殴らない)
>・集団で囲い込んで長時間先を通せなくする(まだ触れてはいない)
>・理由もなく追いかけて来る

暴行罪になりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる