ここから本文です

お互いに故意がない時の契約について。 甲(古物商)「これは江戸時代の壺です。...

lawsocialecoさん

2017/11/2801:46:15

お互いに故意がない時の契約について。
甲(古物商)「これは江戸時代の壺です。非常に価値が高いものです。乙さん、いかがですか?今なら1000万円です。」
乙「そうですか、大変興味深いです

ね。江戸時代、好きなんですよ。わかりました、買います。1000万円ですね。」
という会話の後、その壺の売買契約がなされました。
---翌日---
乙 「買ったはいいものの、少し不安だな。知り合いのXに鑑定を依頼しよう。」
X(鑑定士)「偽物ですね、完全に。最近作られた贋作でしょう。」

もし、甲が壺の真贋について悪意なら詐欺なのでしょうが、甲乙ともに壺を江戸時代の品だと思い込んでいた時、乙は甲に対してどんな請求ができますか?

少しだけ調べたところでは、
①甲の債務不履行(江戸時代のものと言って贋作を渡した)だから、本物を寄越せと請求し、乙が応じなければ契約解除できる。
②乙は錯誤の状態にあった(最近の壺を江戸時代の壺だと思っていた)から、錯誤無効を主張できる。甲も錯誤の状態にあったが、古物商であり、かつ効果な壺を取り扱ってるのにその真贋を確認しなかったという重大な過失があるから、甲から無効は主張できない。(例えば、その壺が贋作は贋作でも有名な現代アーティストの作品で1500万の価値があることが発覚したからといって取り返せない)
③甲が重大な過失ということであれば、乙を保護するために、乙に取消権が与えらる。具体的には、重大な過失とは故意に著しく近いものであるから、詐欺による取消が可能であるように乙には取消権が認められるのである。
それぞれ、解除、無効、取消のどれを乙に行わせるかで違うようですが、正しい又は有力なこはどれでしょうか。もちろん、①②③全て違うというのなら、見解を教えてください。よろしくお願いします。

本筋から逸れますが、論述問題の解答として行う時は、「……だから乙は契約を解除できる。そして、1000万円を取り返すことができる。」のように、お金を取り返すところまで書いた方が良いのでしょうか?それとも、「無効を主張できる」とか「取消すことができる」と書いて終了で良いのでしょうか?

閲覧数:
70
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nao_ai_0319さん

2017/11/2808:51:21

鑑定士は贋作と判断しましたが、古物商として「贋作である」という判断が出来なかったことが善意無過失であるのであれば、骨董品取引における商慣習からして解除、無効等という判断になるのでしょうか?
どれも古物商に過失があるという設定でのことですが、重過失、過失は立証出来るのでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/11/2808:37:10

>少しだけ調べたところでは、

真面目に民法を勉強する気がある?

①甲の債務不履行(江戸時代のものと言って贋作を渡した)だから、本物を寄越せと請求し、乙が応じなければ契約解除できる。

はあ?

②乙は錯誤の状態にあった(最近の壺を江戸時代の壺だと思っていた)から、錯誤無効を主張できる。

結論はいいけど、過程が悪い。

甲も錯誤の状態にあったが、古物商であり、かつ効果な壺を取り扱ってるのにその真贋を確認しなかったという重大な過失があるから、甲から無効は主張できない。(例えば、その壺が贋作は贋作でも有名な現代アーティストの作品で1500万の価値があることが発覚したからといって取り返せない)

これ、書く必要あるの?

余事記載は減点。

③甲が重大な過失ということであれば、乙を保護するために、乙に取消権が与えらる。具体的には、重大な過失とは故意に著しく近いものであるから、詐欺による取消が可能であるように乙には取消権が認められるのである。

条文は?

2017/11/2808:19:56

お金を取り返せるのかをかけと言う問題だよ

債務不履行解除と錯誤無効と瑕疵担保責任を検討すればよいだけだよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。