ここから本文です

強酸と弱塩基の中和滴定の指示薬にメチルレッド?オレンジ?を使う理由って、弱塩...

アバター

ID非公開さん

2017/12/300:15:49

強酸と弱塩基の中和滴定の指示薬にメチルレッド?オレンジ?を使う理由って、弱塩基が加水分解起こして、中和店で酸性によるからですか??

また、写真を見ると、中和点がメチルオレンジの変色域
に入っていないのですが、これは、酸性の時に色がついてて、中和にかけて色が消えるから使えるんですか??

教えてください!

変色域,中和,弱塩基,メチル,酸性,メチルオレンジ,中和点

閲覧数:
42
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nov********さん

編集あり2017/12/300:57:57

> 弱塩基が加水分解起こして、中和店で酸性によるからですか??

そういうことです。
正確には、加水分解するのは弱塩基そのものではなくてNH4+です。

> また、写真を見ると、中和点がメチルオレンジの変色域
に入っていないのですが、これは、酸性の時に色がついてて、中和にかけて色が消えるから使えるんですか??

違います。
メチルオレンジの変色は赤から黄です。
中和点においては、pHが急激に変化するので、変色するときの体積は、中和点における体積とほとんど同じになるのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる