ここから本文です

三国志演義等で曹操の行ったことで次の中で史実的に間違っているのはどれでしょう...

cas********さん

2017/12/513:00:53

三国志演義等で曹操の行ったことで次の中で史実的に間違っているのはどれでしょうか
(ちなみに中の人は曹操や司馬懿など魏の人物が好きな方です)

①袁紹と昔からの知り合いであった

②王允より宝刀を借り董卓を暗殺しようとした
③呂伯奢を殺害した
④関羽を自分の元から快く去らせた
⑤雛氏に手を出し張繍の怒りを買った
⑥詩が上手いなど、軍事面に限らず文化面でも天才だった。
⑦伏皇后を拷問の上粛清した
⑧荀彧に自殺するよう暗示させた(空の弁当箱)

閲覧数:
145
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

te9********さん

2017/12/522:12:40

②は明らかに創作
③は半分ぐらい正解。人を殺したこと自体は魏系の歴史書とアンチ曹操系の歴史書のどちらにも書かれてあります。
書き方や脚色の違いで曹操の非人道性をより強調、あるいは薄められてる…といった感じ。演義は色々ミックスしてる感じ。

⑤張済の妻を側室にして怒りを買ったことは三国志張繍伝に記されてますが
女性の名前は記されてません。

⑦三国志武帝紀ではさらっと書かれてあるだけですが
アンチ曹操系の曹瞞伝やら
後漢書の伏皇后伝?では暴行をしている様子が記されてます。
ただ、直接拷問をされたのは穆順という架空の存在なので
若干演義の脚色はあると思います。

⑧は史料によります。
三国志荀彧伝では憂死とあるだけ
裴松之の注釈に自殺説の史料があります。

質問した人からのコメント

2017/12/7 16:29:33

なるほど、資料によって曹操への評価が大きく分かれるという事ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kum********さん

2017/12/515:03:25

②は無いですね。

③は異伝として伝わっているのと史料によって内容が違うので、どこまでが真実かは不明です。

⑦の拷問は記録は残っていないのでどの程度あったのかは分からないですね。粛清されたのは間違いありません。まあ董承の時もですが、どれもただの権力争いですよ。曹操が非道だから、とかじゃなくて自分達が権力を握りたいから、と言う程度の話でしかありません。

⑧は微妙ですね。そんな上手くコントロールして自殺に追い込めるものかな、と。ただ荀彧死後、息子達は曹一族(と言うか曹丕)と少し距離を置くようになったので、何らかの軋轢はあったのだと思います。

曹操は完全無欠のように見えますが、遠大な構想とか政略を持つタイプではないのですよね。そこを補完していたのが荀彧な訳です。曹操と荀彧の軋轢もどちらかと言うと魏公になること自体を反対と言うよりは時期がまずい、早過ぎると言う部分での反対意見だったように思います。

ただ曹操の位が上がらなければその下の人間も何時まで経っても官位が低いまま、と言うジレンマがあったのも確か。曹操としても難しい立場だったのは間違いありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる