ここから本文です

化合物Aは分子式C8H8Oでベンゼン環をもつ有機化合物である。化合物Aはアルカリ水溶...

アバター

ID非公開さん

2017/12/610:41:10

化合物Aは分子式C8H8Oでベンゼン環をもつ有機化合物である。化合物Aはアルカリ水溶液中でヨウ素を反応させると、黄色の固体と化合物Bを生成する。また、Aの異性体のCは銀鏡反応を示すとともに化合物Dを生成する。化

合物Cを過マンガン酸カリウムで酸化すると化合物Bとなる。

化合物Dの構造がわかりません。

わかる方回答よろしくお願いします。

閲覧数:
66
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tor********さん

2017/12/610:53:38

化合物A,Cはそれぞれ以下のようなカルボニル化合物でしょうかね。
A
C6H5-CO-CH3
(アセトフェノン)
C
C6H5-CH2-CHO

Cを銀鏡反応に付すと、C自体はAg+イオンで酸化されるので、以下のものになると思われます。
アルデヒドの酸化なので、生じるのはカルボン酸です。
C6H5-CH2-COOH
(フェニル酢酸)

アバター

質問した人からのコメント

2017/12/6 10:55:43

ありがとうございます。
わかりやすくて、よく理解できました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる