ここから本文です

得意先が倒産した売掛金の処理について。 ある得意先が倒産しました。 売掛金...

アバター

ID非公開さん

2017/12/611:46:11

得意先が倒産した売掛金の処理について。

ある得意先が倒産しました。
売掛金には108,000円残ってます。

この場合倒産により回収が不可能なため、
貸倒損失/売掛金で処理するものと考えていましたが、
上司に「雑損/売掛金に訂正して」と指摘されました。

経理初心者でその理由が分かりません。
理由を分かりやすく教えてくださる方おりませんか?

閲覧数:
72
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yueda67さん

2017/12/611:52:56

学習 簿記の世界では 貴方の処理が正しいのです。

しかし勤めてる会社の実務では違います。

なぜなら 会社の決算書とは会社の顔です。

損益計算書に 貸倒損失があれば

嫌がる銀行 取引先 貴方の会社の決算書を見る立場の人々

(株主 役員 債権者 等)がいる立場上

上司が言ってる雑損が ある意味 正しいのです。

税金計算はどちらも費用なので、問題ありません。

アバター

質問した人からのコメント

2017/12/11 10:31:33

皆様、分かりやすい回答ありがとうございました。
教科書通りに処理するのが正しいという訳ではないのですね。
社会に出て経験を積んでいこうと思います。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kentacyouさん

2017/12/619:28:39

経理の仕事をしています。
多分貸倒損失で仕訳して
しまうと決算書上目立って
しまうからだと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

t22102137さん

2017/12/616:52:04

販売会社の場合には売掛金に対しては貸倒引当金は設定しないものなのです。売掛金は回収するのが原則で貸倒になったら引当金で処理するような販売方法は基本的にしないのです。スーパー等の小売業者の財務諸表に貸倒引当金があるのは商品ではなく債権に対して設定されているものなのです。その違いがあるのです。108,000円というのは小額ですから雑損処理にして、損金経費にはしないのでしょう。

bml410さん

2017/12/616:13:15

正確な処理方法は、貸倒引当金で処理することです。
ただ処理の方法は、グレーな方法で雑損扱いもできます。

おそらく対金融機関対策とかだと思います。
※金融機関などには売掛金の中身やその取引先などを説明しているでしょうから、それが入ってこなくなる可能性があることを説明したくないのでしょう。

金融機関やその他の利害関係者に財務諸表やその他の資料を用いて説明する時、
売掛金って結構指摘されるんです。
※いつまでも残していたり、相手が倒産して入ってこないことを隠したりなど。

プロフィール画像

カテゴリマスター

baobau2003さん

2017/12/612:53:03

あのね
決算をするでしょ
そして税務申告もするでしょ

その時に申告書に貸し倒れして損金処理するためには申告書に添付書類を書かなければいけないの

貸し倒れしたから引当金をつかいますって

それともう一つは雑損金で処理すると経費額がその分上がるから利益が少なくなるので税金を減らせるよね

引当金は最初に損金処理しているから 引当金を使っても損益は変わらないの

その二つの理由からだと思うけど

まあ一般的な考えだけれどね

jdnsf788さん

2017/12/612:46:05

通常、簿記で学ぶ範囲では、質問者の方が上司の指示に対して疑問に感じるように、決算整理仕訳として現金不足があり、期末になっても原因が不明の場合にその残高を雑損失(雑損)勘定に振り替えます。
金額的には、回収不能の金額が108,000円なので会社的には金額が少額で重要性に乏しいと上司が判断したのかも知れません。普通に貸倒処理をした場合、損金の対象になります。雑損処理した理由は、本当のところは上司に聞いてみないと分らないと思います。税制上の理由なのか利害関係者に対する理由なのかいずれにしても会社的には大した金額ではありません。
ちょっと、調べたのですが、所得控除が受けることができる雑損控除の対象として、災害又は盗難若しくは横領によって、資産に損害を受けた場合などには、一定の金額の所得控除を受けることができるそうです。その他、損害賠償金の支払いとして、慰謝料・示談金・見舞金などの名称の如何を問わず、他人に与えた損害を賠償するために支払う一切の金銭も含まれるそうです。
ただし、注意点として法人税の申告書に添付する内訳書には、雑損失(雑損)について取引内容別に書くこととされているそうです。その点を考慮すると、貸倒損失で処理せずに雑損処理とするのは、事実と違うので不味い気がするのですが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。