ここから本文です

先日、大腸内視鏡検査を行い、2つのポリープを切除しました。そして病理組織検査...

rad********さん

2017/12/816:40:58

先日、大腸内視鏡検査を行い、2つのポリープを切除しました。そして病理組織検査の結果ですが、ひとつは癌化のリスクはないが、もうひとつは癌化のリスクがあるものだった。
ただし切除したか

ら大丈夫と言われ、心配なら一年後再検査しましょうということを言われました。帰宅し癌化という言葉に心配になり、病理組織検査の報告書をみましたが、いまいち内容がわかりません。
報告書には
病理検査結果→serrated adenoma,large intestineと記載。所見には→serrated adenoma with high grade atypia(groupe3),cut endと記載されています。これは本当に切ってしまったからもう大丈夫というものなんでしょうか?自分なりに調べてはみましたが、正直わかりませ。これは危険なポリープだったのでしょうか?これはすでに癌にすすんでいて切りましたということでしょうか?
不安でしょうがありません。
だれか分かる方いましたら、教えてください。

閲覧数:
1,445
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b_a********さん

2017/12/819:30:34

大腸鋸歯状線種、所見:高分化グループ3鋸歯状線種。
cut end の後ろには、普通negativeとか-とか、unclearが入りますが、そもそも悪性腫瘍ではないので意味がありません。

要は、良性のポリープで、細胞の変化度は中程度、元の(大腸の)細胞の形態をのこした状態だった、ということです。癌ではありません。そのままほっておいたら、数年後に癌になってたかもしれませんし、なってなかったかもしれません。誰にもわかりません。
癌の時には、adenocarcinomaとか書かれます。

元々、大腸内視鏡はこういう病変を見つけて対処するものなので、これを見ても「ふーん」以上の感情を持つ人はいないでしょう。

よかったですね。

質問した人からのコメント

2017/12/8 19:47:50

ご丁寧にありがとうございました。
安心しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる