ここから本文です

ゴールドマンサックス、2018年市場に強い警告?

アバター

ID非公開さん

2017/12/1017:31:28

ゴールドマンサックス、2018年市場に強い警告?

ゴールドマンサックスによると、株式・債券・クレジット市場の強気相場の長期化に伴い、平均的バリュエーション(評価)を示す指標が1900年以来で最も高い水準となっており、ある時点で投資家にとって痛みに変わる条件が整いつつあると指摘するなどかなり強い警告を発していますがどう思いますか?

さらに、金融市場においては、株式・債券・クレジットが同じように同時に高くなる状況はめったになく、活況の1920年代と黄金の50年代のケースだけだったと分析しています。



貴方は、ゴールドマンサックスの『楽しいことには必ず終わりがやってくる。弱気相場がやがて訪れるだろう』という警告をどのように思いますか?

補足大衆投資家は最終的に裏切られる?

閲覧数:
348
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/12/1623:22:16

株は天井なしに上がり続けることは考えられないでしょう。
だとしたら当然の警告だと思いますが。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/1623:33:59

    なるほど!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2017/12/1018:17:14

株式市場は未来永劫上昇し続けることはなく、いつの日か?終焉を迎えます。

その日が来るのが、2018年なのか?2019年なのか?はたまた、2020年なのか?だれも予測がつかない状況です。

米国株式市場では、ニューエコノミーの代表格であるFANGの株価が実態以上に買われ過ぎてバブル状態になっています。
一方、FRBは緩いスピードですが金融引き締めに入っており、業績相場も2,3年以内に終わりそうです。

ゴールドマンサックスは下記サイトで、日本株式市場については楽観的な見通しを公表しています。
https://www.gsam.com/japan/gsitm/report/pdf/2017/flashrept_20171129...

2018年は米国株式市場はピークを迎え、株価は混沌としそうですが、日本株は2019年前半までは、堅調な企業業績で株価は上昇トレンドを維持する可能性があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる