ここから本文です

広電宮島線は昔鉄道線で車両も鉄道のものだったようですが、快速運転を行っていた...

ひーさん

2017/12/1321:18:47

広電宮島線は昔鉄道線で車両も鉄道のものだったようですが、快速運転を行っていたら私鉄として勝負出来たのではないですか?
駅間距離は私鉄としてはよくあるレベルですし、駅数が多い分快速が

あればJRより便利な気がします。
また、他にも広島電鉄には鉄道線を呉や甲立まで建設する計画や、宮島線の岩国延伸計画もあったそうです。
省線との競合を理由に認可されなかったようですが、もし認可されていたらどのようなルートになっていたと思いますか?
宮島線は宮島口までと同じようにJRの横を走ったでしょうが、呉線も同じような感じですかね?
しかし、熊野や焼山経由、甲立へも芸備線沿いでは無く当時私鉄の可部線を買収して、54号線沿いということも考えられますよね?
みなさんはどうなったと思いますか?

補足快速運転にはもちろん通過駅の待避線は必要かと思います。
広島電鉄は路面電車があるんだし、阪神電車のように軌道扱いで免許を申請すれば、認可が下りたかも知れませんね。

閲覧数:
93
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/12/1406:58:54

待避線があっても難しい(難しかった)と思いますよ。

大都市圏とは圧倒的に沿線周辺人口が少なすぎですから。

JR山陽線西広島~宮島口と広電宮島線は、ほぼ並行して走っていて、JR駅のほぼすべてに広電駅が隣接しています。広電に「快速」が出来たとしても、現在のJR普通電車と同じぐらいの停車駅になり、モロにバッティングしてしまいます。

関西圏、大阪~神戸にはJR・阪神・阪急と走っていますが、それぞれのルートがかなり離れていて、それぞれを速達で結ぶ列車以外は、違う客層がターゲットになっていると思われますので、それが=で広島のような小都市にあてはめられるとは思えませんが。

あと甲立方面について、仮に延伸(新規)で造ったとしても54号線沿いはありえないでしょう。上根峠が超えられないから現在の芸備線ルートで鉄道敷設が行われたのですから。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

快速運転しても、普通列車が退避できる駅が無いので、あまり速くはならないでしょうね。
併用区間に入るに当たって乗り換えが必要だったので現在の形になりましたし、ホームの高さの関係で乗車位置が違ったのも面倒でしたよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる