ここから本文です

FT-736の144MHz基盤の不具合で教えてください。 出力がでない、または出...

アバター

ID非公開さん

2017/12/1411:28:06

FT-736の144MHz基盤の不具合で教えてください。
出力がでない、または出ても値がフラフラするなどの状態です。

特徴は
・基盤の一部にドランバーなどで力をかけて押さえつける(基盤がゆがむ)と回復し、押さえる場所によって状況が変わります。
(一番変化のあるところが故障個所とは限らないと思いますが)
・ハンダ付けのクラックなど裏面の配線を見ても特に問題がなさそうです。
ハンダの「松やに」らしきものはアルコールで取り除き、表面の部品の間に詰まったホコリもブラシで取り除きました。
・(主観で定かではありませんが)朝のいちばんの冷えた状態では問題なく、室温が上がると発生するようです。
配線のどこかで接触不良やショートがあると考えていますが、行き詰っています。
どなたかアドバイスをお願いします。
~追記~
最初は受信音の不具合で「風切り」のようなノイズがあり、同じように基盤の押し下げなどで状況が変わっていましたが、基盤の清掃などをしているうちに回復し、その後に上記のような送信の不良が発生しました。現在、受信の不具合はないようです。
基盤の表には箱状の金属でシールドされた部分が2か所、裏面にも配線を覆うようにシールド板があって、外して調べましたが特に問題ないようです。
裏面のシールド板には、銅製で「舌・ベロ」のような板状の部品がありシャーシーに接触してアースを取っているようで、直接、ハンダ付けでアースをとっても変化がないので、ここには問題ないと考えています。

閲覧数:
61
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

JA10QRZさん

2017/12/1412:08:07

プリント板(PCB)を押すと変化するそうですが、半田付け箇所に原因がありそうですね。一般的には、熱を持つところが、膨張、収縮を繰り返しているうちに、接触が悪くなるといわれていますので、怪しそうなところを徹底的に、半田ごてで修正してみたらいかがですか。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/1413:24:56

    早速のアドバイス有難うございます。
    投稿のあと作業を続けていくと、基盤を押し下げる際に「カチッ又はチッ」とマイクロリレー様の極小さな金属音と共に不具合が解消することに気づきました。
    マイクロリレーは使用していないと思われますので、ご指摘のようにハンダのクラックがあるかも知れません。
    少し見え始めましたので、もう少し頑張ってみます。
    有難うございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる