ここから本文です

IFRSについて教えてください。 以下URLの情報に「IFRSでは、日本基準でいう...

kui********さん

2017/12/2014:56:37

IFRSについて教えてください。

以下URLの情報に「IFRSでは、日本基準でいう「のれん」を顧客名簿や従業員価値、ブランド、商標などの無形資産に配分し、その残りを“のれん”としている。

」とあるのですが、“残り”とは具体的になにを指すのでしょうか。
http://diamond.jp/articles/-/3289?page=3

調べ方が悪いのかよくわからず...

また、IFRSについて(PLがかろうじて読める程度の素人でもわかるように)簡単に説明したウェブサイト等ご存知でしたら教えてください。

閲覧数:
40
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

emc********さん

2017/12/2308:41:03

大まかな説明ですが、無形固定資産の計上額は、株式の購入代金からその企業の簿価純資産額を引いたもので、これは、簿価よりも価値があるので高く購入したけれど、無形の価値だからです。

その中でも、顧客との関係性など、これには価値がありそうだと考えられるものは、それぞれの無形固定資産として計算をして計上します。

それらを積み上げても買収した金額の方が高くなる場合、のれんとします。

  • 質問者

    kui********さん

    2017/12/2511:34:21

    何らかの項目を便宜上「残り」と記載しているのだと思い釈然としなかったのですが、読んで字のごとく「残り」だったのですね。
    しっくりきました。ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/12/26 10:21:36

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる