ここから本文です

弥生人は現在の中韓の人とは違う人だったらしいですがどんな顔だったんですか?一...

tot********さん

2017/12/2200:23:38

弥生人は現在の中韓の人とは違う人だったらしいですがどんな顔だったんですか?一重だったそうですが韓国人のようにエラはってたり頬骨が高かったりではなかったんですか?

閲覧数:
99
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mya********さん

2017/12/2317:15:52

彫りの深い顔立ちの縄文人とは明らかに異なる、平坦な顔立ちで高身長の人々(渡来系弥生人)です。

弥生時代の開始は、今から3000年前(BC10世紀)に変更されており、今から3000年前(BC10世紀)に、九州北部で本格的にはじまった水田稲作が「九州北部---->関東」を結ぶ線上を、約800年かかって、ゆっくりと拡大東漸していったことが判明しています。

↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。
↓弥生時代の開始年代
http://www.initiative.soken.ac.jp/journal_bunka/050509_fujio/thesis...

↓社会科教科書「帝国書院」より
https://www.teikokushoin.co.jp/q_and_a/history/#q2

Q2:縄文時代と弥生時代の区分はいつ頃ですか?
A:私どもの教科書では弥生時代を、紀元前3世紀ごろから紀元3世紀ごろまでの600年間としています。その一方で、この記述に注釈をつけて、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀とする新しい研究成果も紹介しています。

これまで通説となっていた、「弥生時代のはじまり=紀元前300年」は、1960年代に、土器の編年や遺跡から出土した中国の青銅器をもとに割りだされた年代 に、弥生前期のコメや貝を炭素14年代法(遺物のなかの炭素14の量から年代を推定する方法)で測定したデータ結果を加味して出された説でした。

2002年、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀ごろであると発表したのは、国立歴史民俗博物館(以下、歴博)です。歴博は最新のAMS-炭素14年代法などによって測定した結果、九州北部の弥生時代遺跡から出土した、土器に付着する炭化物(コメのおこげ)や木杭は、紀元前約900~800年のものであり、前10世紀後半に九州北部で本格的にはじまった水田稲作が、約800年かかって日本列島を東漸したとの説を展開しました。水田稲作が九州北部から各地に広がるのに要した年月は、例えば瀬戸内海西部地域までで約200年、摂津・河内まで300年、奈良盆地まで400年、中部地方には500年、南関東へは600~700年、東北北部には500年であると推定されますが、水田稲作が、非常にゆっくりと各地に広がっていったことが、ここからわかります。

こうしてみますと、従来のように「弥生時代の始まり=紀元前300年」などと、ある一点で区分すること自体、無理があることと考えられます。今後さらに研究が進み、弥生時代のはじまりの年代も修正が迫られると思われますが、私どもでは、教科書本文では通説に従った紀元前300年と記述し、注釈で紀元前10世紀という説を示しました。これは現時点ではさまざまな議論があり、また地域によって差があることをふまえた記述であることを、ご理解いただきたいと考えております。

-------------------


----3000年前------------2000年前------------------現在
-------+---------------------+--------------------------

--中国南部のハツカネズミ--><---朝鮮半島ハツカネズミ--->

........▲..........................▲.........................
..渡来系弥生人.............歴史時代
..の渡来(3000年前)......朝鮮半島との接触
................................は周知の事実


↓北海道大学プレスリリース(2017年8月14日最新報道発表)
http://www.hokudai.ac.jp/news/170814pr_su.pdf

↑日本産の野生ハツカネズミが,先史時代の農業の歴史的展開とともに中国南部からは約4000年前、朝鮮半島からは約2000年前に、それぞれ渡来したことが判明。

↑上記2系統以外に,さらに古い時代(おそらく縄文人)に移入した系統が存在する可能性も指摘。

↑図2の説明、
遺伝的解析に基づき想定された主要2亜種系統の日本列島への移入。過去の研究成果もふまえ、日本列島への野生ハツカネズミは以下のような流れで移入・展開したと考えられる。

(1)南アジア亜種系統はインドに起源地を持ち、約8000年前に放散。その後、

(2)中国南部に移入した系統が珠江流域において4000年前に放散し、日本列島及び南サハリンまで波及した。

(3)北ユーラシア亜種系統は朝鮮半島にとどまっていた系統がおよそ2000年前に放散現象を起こし、日本列島に九州経由で移入した。移入後しばらく時間が経過した後(例えば1000年前)、北ユーラシア亜種系統は東北及び北海道に南アジア系統と交雑しながら北方移動した。


--------------------------------------------

【わかったこと】

中国、朝鮮を含めて、歴史時代に突入したのは、今から約2000年です。つまり、今から約2000年前より後は、日本列島と朝鮮半島と接触とか「いざこざ」があったのは、周知の事実です。

しかし、渡来系弥生人が日本列島へ渡来したのは、今から約3000年前です。

しかし、今から約2000年前より前は、日本列島と朝鮮半島とは、接触が、全く無かった模様です。

つまり、今から約2000年前より前には、朝鮮半島由来の野生ハツカネズミは日本列島には存在しない、これは「渡来系弥生人」が、朝鮮半島から来たのではないばかりか、朝鮮半島を「経由」すらしなかったということになります。

--------------------------------------------


「渡来系弥生人」は「古代人」です。

そして「Y染色体ハプログループ」は、「核ゲノム」つまり「46本の染色体のうちの1本のY染色体」です。「古代人」の「核ゲノム」は「バラバラ」になっており、「細菌のDNA」などが多数混じっており、それを調べて「核ゲノム」として再構成するのは、大変な作業となります。
http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/087/research/1.html


やっと「縄文人」については、それができましたが、同じ「古代人」である「渡来系弥生人」については、まだ、そこまで調査されていません。


↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!」【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=KDGX0yZD_Bc

↑「渡来系弥生人」はまだ、調査されていないとはっきりと述べられています。

------------------------------

例えば、世間では「渡来系弥生人」の「Y染色体」はどうだとか、言っているようですが、実際に調査した結果など、今は全くないのです。

「Y染色体」は「核ゲノム」の一部なのです。

つまり、現時点では、「渡来系弥生人」の「Y染色体ハプロタイプ」が、「O1b2」なのか、「O2」なのか、その両方なのか、片方だけなのか、それとも全く違う「マーカ」がなのか、わかりません。

-------------------------------

・核ゲノム塩基数=約3G(つまり約30億)
・Y染色体塩基数=約5100万
・ミトコンドリアDNAの塩基数=約1万6600

「核ゲノム」=「染色体46本全部」=「私達の遺伝子の実体が入っている」
「Y染色体」=「染色体46本のうちの1本」=遺伝子数=78個程度
「ミトコンドリア」=細胞の核外にあり、エネルギー生成に関係する。



↓読売新聞(2017年12月15日)
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171214-OYT8T50003.html

↑中国・上海の中国人研究者に依頼して、多様性のある中国の漢民族の中で、どこの人たちが日本列島人に近いのかを調べようとしています。(国立遺伝学研究所、斎藤成也教授 2017年12月15日)


-------------------------------

現時点で、「渡来系弥生人」ではっきりとわかっているのは、

ミトコンドリアDNA(mtDNA)だけです。

-------------------------------

それでは、最新データで「渡来系弥生人」のミトコンドリアDNA(mtDNA)を見てみましょう。

↓縄文人の多様性と特殊性-篠田謙一氏講演「日本人の起源」レポート(公立鳥取環境大学 2017年12月21日)
http://www.kankyo-u.ac.jp/tuesreport/2017nendo/20171215/


↓ミトコンドリアDNAでよく、日本人と韓国人とは構成が似ていると言われてきたが、似ているのではなく、「縄文人」と「渡来系弥生人」との中間に位置する構成となったため、偶然、韓国人の構成形態に近く見えているだけである。韓国人は、当然「縄文人」は入っていない。

↓「韓国人」と「渡来系弥生人」とは、きわだって異なっている。

↓「渡来系弥生人」のミトコンドリアDNAの構成は、現在の、中国人とも、韓国人とも、そして台湾人とも、全く違う。

↓今から約3000年前に日本列島にやってきた「渡来系弥生人」は、はたして「何者」なのでしょう。

彫りの深い顔立ちの縄文人とは明らかに異なる、平坦な顔立ちで高身長の人々(渡来系弥生人)です。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2017/12/2219:40:22

古代米の年代分析出来るようになった、最新のDNA分析です。
弥生人は長江からベトナム・雲南そして直接日本さらに半島に移動してます。
かつて半島経由で日本に来たのは間違いです。
縄文人と弥生人が混血し、中国人が倭人と呼ぶ人種になり、列島と半島南部に生息した埋蔵物が出ます。
列島は弥生人の比率が増え現在の日本人になりました。
半島南部は7世紀に扶余系(色々説あり)遊牧系民族が半島征服し、従来の倭人の男は殺されるか、奴隷にされるか、日本に逃げるかし、女性は孕まされました。民族浄化です。
その後、中国やモンゴルの支配受け現在の朝鮮人になりました。
3世紀の魏志倭人伝では半島南部が倭人の住む北限とあり、日韓女性のDNAは近く、男性は離れてる事も辻褄が合います。
遊牧民のホタックナイフ、宦官は半島まで伝わっていますが、日本には伝わっていません。
また外観を形成するDNA分析はまだ3割程度しか解析されていないそうです。
韓国人の元になったのは、扶余系の他にアリラン・スリランの語を持つ現シベリア系の遊牧民とも言われていますが、DNA解析出来ず不明です。
韓国語でアリラン・スリランの意味が無いのです、韓国人に聞いてもアリラン峠(歌の歌詞に出てきます)ですが数ヶ所あります。スリランに至っては合いの手程度です。
いずれにしても現韓国人は北方遊牧民と北方中国人の混血のようです。
弥生人は現在のベトナム人に近いのではないかと思います。
更にDNA解析が進めば、細かく分かると思います。
政治利用されないこと祈ります。

var********さん

2017/12/2200:29:48

韓国人は、黄河文明系で、ほとんど中国人ですよ。中国から追い出されて、朝鮮に住みだして、その後、韓国になったんです。日本に来た弥生人は、だいたい黄河文明系以外の人なので、中国や韓国と、民族が違いますね。

are********さん

編集あり2017/12/2200:26:43

どっちゆうとモンゴル人に近い
今残ってるかな??
中国は戦争が昔からあって
弥生人はチンギス・カン前には滅んでるはずだよ。
今の漢民族はチンギス・カンの子孫みたいなもんだし。
半島も中国属国だったしほぼ漢民族みたいなもんだよ。
滅ぶ前に逃げてきて縄文人とハーフになった顔立ちは日本人なんじゃないかな。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる