ここから本文です

ドル建て終身保険について悩んでいます。 金額年払い24万円支払い予定。元本割...

アバター

ID非公開さん

2017/12/2711:16:16

ドル建て終身保険について悩んでいます。
金額年払い24万円支払い予定。元本割れのある10~15年内は解約予定なし。
65歳あたりで引き出す予定。

1、メットライフ生命のUSドル建保険ドルスマート
為替手数料2%、最低保証3%、年払いのドル払いのため毎年1月の為替によって
保険金額が変動、10回払い込みなので24万の時もあれば20万26万のときもある

2、PGF生命円払込定額 米ドル建終身保険Neo
為替手数料0.5% 定額払いなので毎年24万円の固定。

この二つで悩んでおります。65歳ベースに考えるとメットライフは3%保証の時はPGF
が良いが仮に3.5%の返戻率になった場合はメットライフが逆転します。

ただ、為替手数料や、支払い金額をトータルするとPGFと変わらない??ような気まします。

保険に詳しい方、ご教授願います。

補足説明不足で申し訳ございません。
メットライフの2%は支払いの時に約1%、受取の時にも1%かかるようなので2%とし、
PGFは支払い、受取に25銭、?の計算で約0.5%の為替手数料と考えてくださいと、
プランナーの方に言われまして。間違っていたらすみません。

閲覧数:
1,402
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ham********さん

2017/12/2712:46:22

為替手数料2%、0.5%って?

メットライフ、プルデンシャルのHPで確認すると
TTSは両社とも1ドルあたり50銭
TTB時はメットライフー50銭、プルデンシャルー1銭になっています。

例えば5万ドル(約560万円)受取りの場合
メットライフだと25000円の為替手数
プルデンシャルだと500円の為替手数
で差額が24500円

この24500円お得なプルデンシャルを取るか
利率変動のプラスアルファのメットライフを取るか
私ならメットライフです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/2715:11:06

    詳しく教えていただきありがとうございます。

    メットライフは定額固定金額ではない為払込金額がPGFに比べて
    先が読めないのですが、それでもメットライフがおすすでしょうか?

    また、65歳受取でもし返戻率がメットライフは3%以上(3.5%
    など)超えない場合はPGFの方が10%上回ります。

    さらにここに為替の受取手数料にも差が出てくるので、、

    とても悩んでいます、、。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ドル建て終身保険」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ter********さん

2017/12/2719:09:27

その商品は、ドル円が100円以下、90円とか80円の時に契約するものでしょ。

113円なんて時に始めたら、悲惨な事になるんじゃないの・・・。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる