ここから本文です

遺産相続についての質問をお願いいたします。 疎遠になっていた義父が亡くなり...

アバター

ID非公開さん

2018/1/507:33:47

遺産相続についての質問をお願いいたします。

疎遠になっていた義父が亡くなりました。
義父は再婚しており、亡くなってから約1ヶ月後の昨夜連絡がありました。
もし義父にマイナスの財産

があった場合、1ヶ月も音沙汰はないものでしょうか?
義父は以前会社を経営しており、昔は会社の借金の保証人になっていたようです。億単位の金額だったように思います。
保証人になっているのであれば主人は遺産は放棄しようと思っていますが、放棄すれば義父の保証人関係には無縁になれますでしょうか?

あと、12年ほど前に義父に建売の家の土地分を払ってもらいました。最初は義父の名義でしたが、8年後に名義変更して、今は主人のものになりました。
司法書士を通して手続きしたのですが、もしプラスの遺産がある場合、この土地の一件は生前贈与に含まれますでしょうか?
あと、ちょこちょこ貴金属なども頂いていたのですが、それも申告しなければいけませんか?

これからどうなるか不安でいっぱいです。
ご回答、宜しくお願いいたします。

閲覧数:
127
回答数:
6
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2018/1/507:45:15

義父というのが旦那さんの父上であれば、実の子の旦那さんにその亡くなったことすら連絡がないというのも極端ですね。葬儀はどうされたんでしょうかね。

それはともかく、会社の第一線を退いておられるようなので、おそらく保証は解除になっていると思われます。もしあったとしても亡くなったことを知ったのが昨夜なので、今日から3か月間は相続放棄が可能なので、よく調査の上で必要なら相続放棄してください。
葬儀の連絡すらないほど疎遠なので、相続放棄さえすれば負債を背負うことはありません、
ただ、資産家とお見受けしますので、相続放棄すれば遺産相続もできません。保証人かどうかの他に、資産がどれだけあるのかも調査した方がいいでしょうね。

特別受益の話ですが、相続放棄をするんならもともと関係ありません。相続人の資格を失うので。
相続放棄しなかった場合に、土地代の贈与が特別受益に当たるのか、という質問であれば、当然ながら特別受益です。
貴金属類は、価格によるでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tad********さん

2018/1/613:07:24

義父の相続権は、あんたにない。

miz********さん

2018/1/612:59:30

「相続があったことを知った日の翌日から3ヶ月以内に家庭裁判所に放棄を届けなければなりません。」

ですから、当然、気の利いた債権回収業者は、3か月過ぎてから相続人に請求します。そして、もう放棄できない、と言います。今回、連絡が遅かったのは、危険な兆候かもしれません。でも、請求から3か月の放棄手続きで大丈夫です。

心配なら、遺産(含負債)調査を司法書士などに依頼するのも手だと思います。いずれにしろ、時間の余裕はありませんから、キビキビ動きましょう。

sak********さん

2018/1/514:22:33

どのような死に方をしたのかわかりませんが、死んだあとはバタバタするもので、1ヶ月くらい後に連絡があってもおかしくありません。

土地の名義変更は、その際にきちんと手続きし、確定申告をしているなら問題ありません。ま、していなくても、すでに贈与税の時効が成立しているので、今更申告しなくても大丈夫です

貴金属については、110万を超えるものならその都度申告が必要でしたら、もらったものなら正確な値段もわからないし、昔のことだろうから申告しなくても大丈夫だと思いますよ

また、土地や貴金属をもらっていても、相続放棄はできるので、心配なら相続放棄の手続きをするといいですよ

sir********さん

2018/1/512:22:49

資産がプラスだろうがマイナスだろうが相続放棄すればまったく無関係ですね。

相続があったことを知った日の翌日から3ヶ月以内に家庭裁判所に放棄を届けなければなりません。

生前譲与は相続とは無関係。110万を超えて譲与税が必要で申告していないならしたほうが良いけど。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2018/1/512:04:44

貴金属をくれる仲なのに、連絡が遅いというのは、なにか、疑問を感じますね。
義父さんの周りの人の対応がいかがなものでしょうか?
そこら辺、調査した方が良いかもしれません。
相続放棄か単純承認かではなく、可能であれば、限定承認が良いのではないでしょうか。

限定承認すれば、借金は相続しない。借金を上回る正の遺産があれば、相続できる制度です。借金のほうが多ければ何も貰えません。ただし、限定承認は、相続人全員が限定承認しないといけません。誰かが単純承認してしまうと、限定承認はできなくなってしまします。

あと、めんどくさいのは、貴金属ですね。取得原価がわからなくなってしまいます。
義父さんが、購入した時の、売買伝票などが無いと、取得原価が売却の5%になってしまいますし、税務署が悪意で取れば、高税率の短期譲渡になりかねません。
周りの人に、購入伝票を聞くべきなのでしょうけど、1ヶ月連絡しないとなると、ちょっと、めんどくさいですね。

個人的な、観測で物事を言うのはいけないのですが、義父さんと、旦那さんの関係、周りの人との関係を調べ、実態を把握するのが先決だと思います。

可能であれば、家庭裁判所に限定承認なさって下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる