ここから本文です

外貨建保険の市場価格調整ってなんの金利を参考にしているの?

アバター

ID非公開さん

2018/1/520:09:44

外貨建保険の市場価格調整ってなんの金利を参考にしているの?

たとえば豪ドル建ての商品の場合は豪の政策金利?10年国債?といったようなどの金利を気にしておけばいいのでしょうか?

閲覧数:
472
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

takeさん

2018/1/704:58:25

まぁそういう感じですね。外貨建保険でつかう証券は、外国債とかでしょうからね。

保険運用をちょっと説明しますと、外貨建て保険とは保険料の払い込み・保険金の受け取りが外貨で行われる保険ですよね。

まぁ普通の人は、「保険屋が外貨を持ってる」って解釈しますがね、本当は違います。外国債を保険屋はまず買うんですよ。

豪ドル為替相場変動ってのは、国家間の民間銀行の口座取引から生まれます。米→豪という取引とか、日本→豪とかありますからね。

多くの民間銀行は、ほとんど中央銀行からお金を借りています。この借金の金利が「政策金利」です。

民間銀行が儲けているなら、当然会社に多くの融資をしてますから、金利収入も多いので、中央銀行も金利を上げます。

中央銀行の金利が増えると、政府は国債を発行したり出来ますからね。何故なら好景気で税収が上がるからです。

つーことはですね、保険屋は「外貨で外国債を買う」ってなことをやるんです。まぁ株も運用してますが、外国債が一番安全でしょうからね。

というわけで、外貨建保険契約で注意するのは、為替相場と市場経済次第であるということを覚えておく必要があります。まぁ豪ドルならば、あんまり大きな為替変動はないので、とりあえずは安心でしょうな。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる