ここから本文です

西郷隆盛の本当の顔について、下の肖像画は西郷と実際に会った平野五岳という人が...

pwe********さん

2018/1/622:04:46

西郷隆盛の本当の顔について、下の肖像画は西郷と実際に会った平野五岳という人が描いた西郷の肖像画らしいですが、実際に会ったのならこれが本当の西郷の顔ではないでしょうか?

肖像画,西郷,西郷隆盛,平野五岳,石川静正,キョソネ,西郷従道

閲覧数:
4,264
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sar********さん

2018/1/914:55:50

西郷の肖像画はいくつもあって、実際西郷に会った人が書いたもの、あるいは西郷の近親者や関係者によって承認された肖像画は以下の通りです。平野五岳のものはここでは除きます。

左上
肥後直熊(幼少時西郷に可愛がられた)が西郷没後50年後に書いたもの

左下
石川静正の油彩画、石川は明治8(1875)年に鹿児島へ赴き西郷の教えを受けた。その当時の西郷の風貌を描いたもの。

右上
黒田精機の門弟、佐藤均が石川の肖像画をもとに描き、西郷の近親者に店肖像画として承認を受けた

右下
生前西郷に面識があった床次正精画。自分の記憶と西郷従道、黒田清隆ら近親者の意見を聞き、明治20(1887)年

西郷の肖像画はいくつもあって、実際西郷に会った人が書いたもの、あるいは西郷の近親者や関係者によって承認された肖像画...

  • sar********さん

    2018/1/919:59:44

    訂正
    右下
    生前西郷に面識があった床次正精画。自分の記憶と西郷従道、黒田清隆ら近親者の意見を聞き、明治20(1887)年に完成

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rir********さん

2018/1/915:03:26

石川静正の油彩画、石川は明治8(1875)年に鹿児島へ赴き西郷の教えを受けた。
その当時の西郷の風貌を描いたもの。

これが一番近いのでは。
確か鹿児島の記念館にありますよね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2018/1/622:16:33

そうでしょうね。

我々がよく見る肖像は西郷の弟の従道と従妹の大山巌をミックスして想像してキョソネたちが作ったものですから。
実際に会っているならこちらの方が信ぴょう性があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる