ここから本文です

電池のメモリー効果はどういうメカニズムで起きますか?

アバター

ID非公開さん

2018/1/716:31:00

電池のメモリー効果はどういうメカニズムで起きますか?

閲覧数:
9
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/1/717:51:50

メモリ発生条件は分かってますが、発生メカニズムは多くの研究者によって多様な説が唱えられており、現在、明確になって無い様です。


発生条件
放電電流や周囲温度によっても異なりますが、例えば1C放電では1.1V/セル以上、0.2C放電では1.15V/セル以上での放電停止が目安といわれています。 機器の駆動下限電圧はこれ以下にすることが望まれ、推奨レベルとしては1.0V/セル程度であり、 このレベルまで機器が駆動できれば、仮にユーザーの機器使用パターンからメモリー効果現象が発生したとしても、ほとんど駆動時間への影響はないといわれています。


発生メカニズムの一般的な説
高次Ni活物質の生成(γ-NiOOHなど)
サイクル時における未放電(放電不可)活物質の蓄積
電極に使用しているCdとNiの合金の生成(Ni5Cd21)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる