ここから本文です

36協定届書について、協定書にその業種を記載する欄がありますが、派遣元事業所...

アバター

ID非公開さん

2018/1/916:34:18

36協定届書について、協定書にその業種を記載する欄がありますが、派遣元事業所で36協定を届け出る場合で、既に届け出ている業種以外に、新たに別の業種の派遣先事業所に派遣する事になった場合、

再度その業種について36協定を届け出る必要があるのでしょうか。
宜しくご教示願います。

閲覧数:
162
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木圭史さんの画像

専門家

鈴木圭史さん

2018/1/1517:09:08

社会保険労務士の鈴木です。

新しい業種に人を配属(派遣先)することになり、時間外労働が発生するなら追加で36協定の提出が必要です。

ちなみに【協定する項目】は以下の通りです。
(1) 時間外または休日の労働をさせる必要のある具体的な事由
(2) 対象労働者の業務、人数
(業務の区分を細分化することにより、時間外労働の必要のある業務の範囲を明確化すること)
(3) 1日についての延長時間のほか、1日を超え3か月以内の期間及び1年間についての延長時間
(4) 休日労働を行う日とその始業・就業時刻
(5) 有効期間

これらの内容が追加になれば、その都度協定が必要になる旨ご留意ください。
ご質問の件は少なくとも(2)の通り必要でしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

鈴木圭史さんの画像

鈴木圭史

社会保険労務士

労務リスクの改善のプロ

関西弁で丁寧に対応する社会保険労務士です。 労働相談/過労等の疾病・過労死の労災申請・障害年金申請代理 派遣元責任者講習講師/労働局・労働基準監督署等の監査立会業務 派遣業・職業紹介業の許可申請業務 当事務所では社会保険労務士資格取得希望者を募集...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる