ID非公開

2018/1/11 9:16

99回答

今、夫から離婚調停を申し立てられ、婚姻費用分担の調停を次回するのですが、おそらく、悪意の遺棄に当たらないよう、算定表に基づいて生活費を送ってきてくれてます。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2018/1/11 9:40

早速のお返事ありがとうございます。 調停までは1カ月近く先です。月末が給料日なので、厳しい(泣) 子供達も学校に弁当持たせないといけないし…不本意ではありますが、援助という形でお願いしてみます。子供達の弁当の為と言ったら、貰えない…かな? 婚姻費用についてはご回答頂いた通りに訴えてみます。心強いお返事ありがとうございました。

その他の回答(8件)

0

婚姻費用は 双方の『年収』をもとに、多い方が少ない方に払う というものです。 双方から源泉徴収票あるいは課税証明書を提出することになります。 なので、●●手当をよこせ、という請求は自由ですが、そのようなものも全て含んで(大体の場合は)夫→妻に◎◎円を支払う、というものです。 極論すれば、婚姻費用で決まる金額で生活するのに足りるか足りないは関係ありません。 なお、決まった婚姻費用は「申立月」に遡って適用になります。

ID非公開

質問者2018/1/14 21:55

やはり、厳しいですか。まだ、源泉徴収票を見てなく、調停時にこれ位と言ってました、と口頭で聞いただけなので。は相談した弁護士の先生が、裁判官に転写して下さいと言えば見れると言っていたので、きちんと確かめます。家で見つけた給与明細からすると、少しあやしいので…離婚調停をなめてましたね。よく、話し合いだからと言ってくれますが、色々手続きが必要で、不安障害の者は辛いです。法律が調停の時点で出てくるので、もはや話し合いというより裁判のようで。婚姻費用も、2か月もらい損ねました。

0

無料弁護士のはしごでも何でもして、きちんと離婚に強い相性のよい弁護士を見つけてください。そして金額が決まりましたら、もちろん公正証書作成して、差し押さえできる様にして下さい。後から後悔しても大変です。どんな理由かはわかりませんが、子供達にはきちんと面会とかさせて、父としての自覚と責任と愛情だけは育ててあげて下さい。子供が親から愛されるのは大切なことです。

ID非公開

質問者2018/1/14 22:30

これは養育費の話ですかね?無料弁護士相談で素晴らしい先生に出会えたので、お金払ってでも相談してます。子供達にとっては、今も前と変わらないお父さんみたいですが、そこで私の話を振ると異常な様子に変わり、また普通に接してくれるらしいです。私は普通に、お父さんはああ言ってたよねーとか話してるし、子供達も話に乗ってきて楽しく会話が成り立っているのですが。豹変したようで、気をつけた方がいいよ、って。面会は子供の意思も尊重して、とは思ってますが、お父さんはお父さん。お母さんはお母さん。まだ争ってるって状態…と、今の別居状態と変わらないような気がして。婚姻費用から養育費に変わるだけになりそうです。今のところ。 お返事ありがとうございました。

0

調停から本裁判で離婚経験のある者です。 >算定表に基づいて とありますが、算定表で金額が決まるのは調停を経てからです。 自己判断での算定ですね。 それと算定表で示されるのは婚姻費用ですから、生活費の全てではありません。 それは妻の収入と夫の収入の差額から決まります。 あと子供の人数ですね。 妻のほうが夫より収入があると、係争中は逆に夫側へ払わないといけない事になります。 (私の場合、妻側が収入があるのに隠して調停員に伝えていたので、金額で揉めました) >給与明細が出てきて見ると、家族手当が2万円入る様になっていました 算定の基になる源泉徴収表には、給与明細に記載の家族手当も含まれていますよ。 調停に臨むなら弁護士に相談する事を強く勧めます。 (費用が気になるなら、先ずは法テラスで相談すれば良いと思います) 日本の離婚裁判は、女性側が圧倒的に有利になっています。 弁護士に相談したら教えてくれると思いますが、子ども達や生活費に掛かる費用を証明出来るもの(請求書、領収書、契約書など)を用意しておくことです。 裁判は全て書面でのヤリトリです。 色々心配されているようですが、貴女様に落ち度がないのであれば、全く気にする必要がないと思います。 もしあったとしても婚姻費用や子を養うための生活費など、女性側はかなり有利に話をする事が出来ます。 子供が居るのですから、不安にならずに堂々と立ち向かって下さい。

0

調停だとしても、夫が了解している範囲内での支払いになります。調停委員が多少の説得はしてくれます。 足りないと要求する事も自由、拒否するのも自由と言う状態。どこで落し所を付けるかは話し合い次第で、最終的には払う側が納得しないと決まりません。 算定表も幅がありますから、夫は下限を主張するでしょうし、妻は上限を主張するでしょう。そんなもんです。 払ってもらえるだけマシだと思って、生活するしかないです。離婚したら養育費しか貰えなくなるので、もっと減ります。そのトレーニングだと思って過ごしてください。

0

あなたも弁護士つけましょうよ。弁護士と相談です。 それに離婚を迫られてるなら別居は四年までですよ、それ以上は婚姻関係は破綻とみなされ裁判されたら離婚は成立します。 あなたの稼ぎで生活できるように今から早急に仕事頑張りましょう。