ここから本文です

成年後見人制度について教えてください。 妻の母(義理母)が他界すると、義理母...

mak********さん

2018/1/1200:33:36

成年後見人制度について教えてください。
妻の母(義理母)が他界すると、義理母の全遺産(不動産他)が妻に相続されます。
ただ、妻が大病を患ってしまい意思表示ができない障害者になってしまいました。

相続後、私が妻の代理として、不動産の名義変更や売却するには、成年後見人になる必要があるとのこと。とても大変な手続きになると聞きました。
そこで、義理母は遺産を私に遺贈する旨の公正証書遺言を提出する予定との事です。
ただ、そうなりますと、妻には遺留分の申し立てする権利がありますので、やはり誰かが妻の成年後見人にならなければならないのでは??とも思います。それとも、あまり気にしなくてもよいのでしょうか??
ご知見のあられます方のアドバイスをお待ちいたします。

閲覧数:
347
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ame********さん

2018/1/1209:33:06

奥さんの実印は誰が管理していますか?質問者さんですか?

  • 質問者

    mak********さん

    2018/1/1211:31:32

    実印は私(夫・質問者)が管理しています。銀行口座についてもです。
    それが、合法でないことは理解していますが、合法に行うことがいかに大変かも想像できます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「成年後見人制度」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

beg********さん

2018/1/1212:57:56

「法定」後見の場合、後見監督人という厄介な者を家裁が強制的に専任させる恐れがあります。

毎月、何もしないのに財産に応じて徴収されます。
月刊誌のHANADAが参考になるでしょう。直近の数か月分に記事があります。

「任意」後見で対処することを勧めます。

miz********さん

2018/1/1210:09:57

遺贈だと、贈与税の対象ですよね。

相続なら免税控除額が大きいので、普通は相続税は発生しません。

あなたは妻の配偶者ですので、なんで後見人をつけますか。配偶者には圧倒的な権利と義務があります。あなたを信用できない理由があるのですか?前科があるとか?

あなたが、妻の実印等を管理して、妻の委任状を作成して、妻の代理人になったとして、誰がとがめますか? 何の不正も感じません。

あなたではなく、妻の兄弟等が、あなたを信用できないとして成年後見制度を申し立てるならわかります。 なんで、配偶者のあなたがそれを考えます?

考え過ぎです。配偶者としての義務を全うする意識だけで十分です。

もし、妻に後見人が付いたら、あなたは配偶者として欠格の烙印を押されたも同然です。その際は、離婚すべきです。止める人はいないはずです。

pfl********さん

2018/1/1209:31:39

ならば、奥様にも遺留分を侵害しない程度の遺産は相続させて残りを質問者さんに遺贈するとかでもいいのでは。
現金であれば奥様が相続してもいいのではないですか。
奥様は一人っ子で他に相続人となる親族が誰もいなければ、質問者さんが唯一の相続人となるのですよね。
(質問者さんが事故で急に亡くなったりする可能性もないわけではありませんが)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ter********さん

2018/1/1206:53:43

妻には遺留分の申し立てする権利がありますが、申し立てしなければ、取分ゼロでもよい。

実際、申し立てする可能性はゼロでしょ。というか、出来ない。

bam********さん

2018/1/1201:09:17

まず「誤魔化せる」などの話しはナシとすれば

≫妻には遺留分の申し立てする権利がありますので、やはり誰かが妻の成年後見人にならなければならないのでは

法律上、正しくは奥様に後見人をつける事です
そんなに大変な手続きではないです
しかし、後見人の職務として「法定相続分を確保」しなければならず、今回は100%奥様となります
問題はその先で、後見人(貴方かもしれないし裁判所の判断で弁護士などの専門職かもしれない)は自由には財産を処分は出来ないんです
裁判所が「本人の利益になるか」で判断する
つまり、貴方が「この不動産は今が売り時」と考えてもそうは行かない・・

また貴方が奥様の後見人になると、遺産分割を含めて「利益が相反する行為」は出来なくなってしまう(その都度、特別代理人を選任)
ここら辺が今の後見制度の使いにくいところです

併用したらどうでしょうか
将来を考えると、奥様に後見人をつける事は不可避と思います
失礼ですが、奥様の方が長生きする可能性もある
その点で第三者・・専門職後見人の方が良いかもしれません

その上で義母様には「奥様の最低遺留分を除いた全額を貴方に遺贈する」との遺言を作成して貰ったらいかがでしょうか
不動産メインだとなかなかピったりは行かないですが

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる