ここから本文です

だがしかしの2期が始まりました。

dba********さん

2018/1/1316:49:17

だがしかしの2期が始まりました。

制作が老舗の手塚プロダクションに変わりましたが、さすが40年以上の歴史がありますから、「布のなびき」の作画などは、ラブライブサンシャインのはるか上を行く水準でしたが、デッサン面では「どうしたのでしょうか}の箇所も多く見受けられました。

たとえば画像の顔の輪郭線では、かつての手塚プロダクションなら「顎は、きちんンと曲線で」描くのに、「顎をカドに」描いてしまっていて、あきらかに質が低下しています。また口に位置がおかしくデッサンが狂っています。

なぜ老舗プロダクションが手がけているのに、デッサン狂いのごとき《準・作画崩壊》が発生してしまったのでしょうか。社長である松谷孝征氏だって、この業界四十年以上の大ベテランでいらっしゃるのに、いったいどうしたのでしょうか。ご存知の方教えていただけませんか。

ラブライブサンシャイン,松谷孝征,デッサン,手塚プロダクション,老舗プロダクション,原作者,原作準拠

閲覧数:
1,814
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lun********さん

2018/1/1412:10:50

顎に関しては原作の絵柄(原作者の絵)に寄せて
描いているからでしょう。

原作準拠でそうなっているのでしょう。

そうじゃないと、原作に似ていないと
ファンから叩かれる要因になるでしょう。

顎に関しては原作の絵柄(原作者の絵)に寄せて
描いているからでしょう。...

質問した人からのコメント

2018/1/18 18:11:06

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる