ここから本文です

なぜ私たち日本人は在日を嫌うのですか? もともと日本が強制連行で連れてきたは...

yam********さん

2018/1/1417:03:19

なぜ私たち日本人は在日を嫌うのですか?
もともと日本が強制連行で連れてきたはずです。

閲覧数:
652
回答数:
39

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yas********さん

2018/1/1421:42:43

「なぜ私たち日本人は在日を嫌うのですか?もともと日本が強制連行で連れてきたはずです。 」


じゃあ yamato帰れ!!
帰るのが出来ないなら 日本の風習や法律など守り 常識はずれな行動を起こさない事です。

  • yas********さん

    2018/1/1421:46:44

    「強制連行」と言うが 日本の支配下に有ったので 日本人として扱われ 強制ではなく 指示です。
    その後 敗戦で 日本の本国に残った人です。
    敗戦後帰還を名乗り出ず 残った朝鮮人ですから 自業自得です。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/38件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hc7********さん

2018/1/2109:22:00

>もともと日本が強制連行で連れてきたはずです。
そういう嘘しれっとつくから嫌われるのではww

tp9********さん

2018/1/1909:37:51

数年前に山口組などで、
当時幹部で捕まっていた名前の半数以上が半島系の名前でした。

帰化していないとは限りませんが、
人口比で見れば、
異常な高率で在日がヤクザをやっている事になります。

嫌われて当然ですね。

iba********さん

2018/1/1908:41:04

在日は食いっぱぐれて自分から日本に来たんだろ。

●日本では「親韓派」が安倍首相訪韓進める動きも
2018年1月18日
◆室谷克実氏「慰安婦問題理由に早期欠席表明を」
韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は
「韓国は『五輪を開けば、各国首脳が集まって当然』と思っていたはずだ。これに文政権の『北朝鮮も来れば、朝鮮半島の平和は続く』という妄想が加わっていた。五輪での首脳外交は、各国の首脳が集まることが大前提だが、平昌には実権のあるVIPは来ず、行く価値がない。各国首脳も、極寒で危険な場所に行くメリットを感じないのだろう」
と語る。
思惑が外れた韓国側が期待を寄せるのが、
「国会日程を見ながら検討する」
として、出欠を明言していない安倍首相だ。
土下座してでも訪韓を懇願する可能性もある。
何かを忖度したのか、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日、都内で会談し、安倍首相の開会式出席が望ましいとして、国会日程を調整する考えで一致した。
だが、待ってほしい。
文政権は今月、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的」とした日韓合意を踏みにじり、日本に自発的謝罪を求めてきたばかりだ。
これで安倍首相が訪韓すれば、韓国の歴史問題の蒸し返しを認めることになる。
前出の室谷克実氏も
「日韓には、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去問題もある。安倍首相が行けば、韓国は『慰安婦像があるのに来た』『問題が解決する』と宣伝するだろう」
と述べ、訪韓に反対した。
国民も、二階、井上両氏の行動に批判的だ。
ネット上では、
「国民世論を無視する、親中・韓議員」
「このような連中が韓国をここまで甘やかしたんだね」
「反日国家に、日本の首相が行く必要など無い」
といった声が沸騰している。
政府内では、林芳正文科相と鈴木俊一五輪相の派遣で調整中との情報もある。
室谷克実氏は
「早期に『安倍首相は行かない』と宣言を出すべきだ。国会日程ではなく、慰安婦問題での韓国政府の理不尽な対応や、大使館前の慰安婦像を理由に挙げ、訪韓できないことを明確にした方がいい」
と語った。

●2018.1.18 07:00更新
【安倍政権考】
政治の局面と五輪 平昌五輪は吉凶どっち? つきまとう政争の具の懸念
http://www.sankei.com/sports/news/180118/spo1801180001-n1.html
韓国と北朝鮮の南北閣僚級会談が始まるなど、2月に開幕する平昌五輪・パラリンピックをめぐる政治の駆け引きが活発化してきた。
「平和の祭典」といわれる五輪だが、過去にも国際的な政治問題に直面してきた。
慰安婦問題に関する日韓合意の韓国側の不当な主張などで日韓両国の関係は厳しくなりつつあるが、2020(平成32)年に東京五輪・パラリンピックを控える日本にとって、平昌五輪はどう影響するか。
今月9日に行われた南北会談で、北朝鮮は平昌五輪に参加する方針を正式に表明した。
会談では、韓国側が代表団や応援団派遣、共同入場行進を要請し、北朝鮮側は選手団や高官級代表団、応援団、芸術団などの派遣を提案した。
また、米韓は両国合同の軍事演習を平昌五輪中は行わないことで合意した。
理由について、韓国側は五輪会場の警備などにより実施が難しくなるためと説明し、ホワイトハウスも
「五輪の安全確保に集中するため」
と発表した。
古代オリンピアは、都市国家同士の争いをやめる証しとして行われたという説もあり、五輪は「平和の祭典」と呼ばれている。
平昌五輪をめぐる動きは、核・ミサイル開発をやめず、挑発行為を続ける北朝鮮への歯止めの期待もかかったが、北朝鮮の国営メディアは14日、韓国の文在寅大統領(64)が北朝鮮の非核化について言及したことに
「『北の非核化』のための対話の場を整えるためだとふぬけた詭弁も発した」
などと切り捨てた。
日本政府高官は核・ミサイル開発について
「北朝鮮は変わらない。南北会談で変わるぐらいなら、これまでも進展している」
と厳しい見解を示す。
五輪はたびたび、政治の駆け引きの舞台となってきた。
1980(昭和55)年に行われたモスクワ五輪では、その前年にソ連軍がアフガニスタンに侵攻したことへの抗議として米国が大会へのボイコットを宣言した。
日本政府も米国の動きに追従し、日本オリンピック委員会(JOC)は同年5月に臨時総会を開き、不参加を決定した。
モスクワ五輪に出場を決めていた日本選手らは「幻の日本代表」となり、金メダル候補だった柔道の山下泰裕氏(60)やレスリングの高田裕司氏(63)らはJOCに涙ながらに大会参加を訴えたが、実現には至らなかった。
さらにさかのぼれば、競泳の前畑秀子さん(1914~1995年)が日本人女性として初めて金メダルに輝いた36(昭和11)年のベルリン五輪は、ナチス・ドイツにより国威高揚に利用されたといわれている。
また、日本ではヘルシンキとの争いの末に勝ち取った40(昭和15)年の東京五輪の開催を、戦火の拡大により返上した過去がある。
2020年に東京五輪・パラリンピックを控える日本にとって、韓国側の動きを懸念する声も聞こえてくる。
昨年9月、平昌五輪組織委員会の公式ホームページ(HP)に、日本列島が抜け落ちた世界地図が掲載されていたことが判明した。
日本政府は
「極めて不適切だ」(菅義偉官房長官)
として、スポーツ庁を通じて是正を求め、組織委は地図を修正した。
この問題が発生する前には、平昌五輪の公式HPで島根県の竹島を「DOKDO」(独島)と表記したことが問題となり、日本は抗議している。
日本と韓国が対決した12(平成24)年のロンドン五輪のサッカー男子3位決定戦で、勝利した韓国の選手が試合後に
「独島(竹島)はわれわれの領土」
と記されたプラカードを掲げたことは、多くの人の記憶に新しいのではないだろうか。
安倍晋三首相(63)は、昨年11月の文大統領との電話会談で、平昌五輪開会式への訪韓を打診された際に「感謝する」と述べるにとどめた。
今年に入り、北朝鮮との歩み寄りを見せる韓国だが、一方で首相の五輪開会式参加を求めた日本に対しては、慰安婦問題解決を確認した日韓合意をめぐり、またもや「被害者への謝罪」を求めるなど、両国関係を悪化させるような動きをみせている。
20年の東京五輪・パラリンピックの開催に沸く日本だが、平昌五輪に対しては
「別に開会式に首相が参加しなくても、(東京五輪の開催について)国際オリンピック委員会(IOC)への影響はない」
と冷ややかな態度を示す政府関係者は少なくない。
首相は日韓合意をめぐる韓国の文大統領の対応を受け、開会式出席を見送る意向だが、ここに来て穏便に済ませたいのか、与党内からも「出席したほうがよい」との声が出始めている。
当面は首相の判断がどうなるかが日本の政界では焦点となる。
北朝鮮選手団の参加など、平昌五輪をめぐる国際的な政治の流れが注目を浴びている。
ただ、開催地が「平和の祭典」に領土問題を持ち出してくるような国であれ、4年に1度開催される五輪が政争の具とならずに純粋な選手の力量の勝負となることを願ってやまない。

●2018.1.19 05:04更新
【産経抄】
安倍晋三首相の平昌五輪出席は論外である 1月19日
http://www.sankei.com/column/news/180119/clm1801190003-n1.html
4年前に台湾で大ヒットした野球映画「KANO」は、実話が基になっている。
日本統治下時代の台湾では代表チームが、日本で行われる全国大会に参加していた。
といっても、出場する選手はほとんどが日本人である。
▼昭和6年に台湾代表として甲子園の中等学校野球大会に初出場した、嘉義農林は違った。
日本人、台湾人、台湾先住民からなる混成チームである。
「意思の疎通ができるのか」。
日本の記者から揶揄されながらも快進撃を続け、準優勝に輝いた。
▼来月開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪をめぐって、韓国と北朝鮮は、アイスホッケー女子で合同、つまり混成チームの結成で合意した。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「歴史の名場面になる」と選手に協力を求めている。
もっとも、付け焼き刃の混成チームが五輪で活躍できるわけがない。
▼世界ランキングで韓国は22位、北朝鮮は25位である。
「もともとメダル圏内にあるわけではない」。
李洛淵(イ・ナギョン)首相の身も蓋もない発言は、世論の猛反発を受けた。
出場機会を奪われる韓国選手への同情の声もある。
▼開会式では、「統一旗」を先頭に両国が合同入場行進も行うという。
「五輪に政治を持ち込むな」などと、建前論を主張するつもりはない。
北朝鮮が非核化に前向きの姿勢を示すならば、五輪参加に意義を認めよう。
その可能性はゼロである。
核開発の時間稼ぎと、米韓同盟にくさびを打ち込む、北朝鮮の策略に利用されるだけ。
韓国の親北勢力は納得の上だろう。
▼安倍晋三首相に五輪開会式への出席を求める声が、与党内からも出ている。
論外である。
慰安婦問題の合意についての、韓国への失望だけではない。
茶番劇になりかねない平和の祭典に首相として関われば、北朝鮮の思うつぼだ。

●「従軍」慰安婦は存在しない、存在したのは売春婦。
売春婦は存在したが、「性奴隷」ではない。
日本軍による組織的な強制連行はなかった。

●日本政府が最初にやるべきは、駐韓大使の再召喚だ。
平昌冬季五輪の直前にやれば、韓国への強いメッセージになる。
米国のように、問題を起こしそうな韓国人の日本入国は拒否すべきだ。
経済関係でも、漁業協定や日韓通貨スワップに応じるべきではないし、ダンピング絡みの提訴をする手もある。
文在寅大統領氏が日韓合意破棄を明言すれば、日本政府も来日韓国人に対するビザ(査証)免除の滞在期間を『90日以内』から短縮するなど目に見える形で制裁に踏み切るべきだ。

kbv********さん

2018/1/1820:34:01

●日本では「親韓派」が安倍首相訪韓進める動きも
2018年1月18日
◆室谷克実氏「慰安婦問題理由に早期欠席表明を」
韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は
「韓国は『五輪を開けば、各国首脳が集まって当然』と思っていたはずだ。これに文政権の『北朝鮮も来れば、朝鮮半島の平和は続く』という妄想が加わっていた。五輪での首脳外交は、各国の首脳が集まることが大前提だが、平昌には実権のあるVIPは来ず、行く価値がない。各国首脳も、極寒で危険な場所に行くメリットを感じないのだろう」
と語る。
思惑が外れた韓国側が期待を寄せるのが、
「国会日程を見ながら検討する」
として、出欠を明言していない安倍首相だ。
土下座してでも訪韓を懇願する可能性もある。
何かを忖度したのか、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日、都内で会談し、安倍首相の開会式出席が望ましいとして、国会日程を調整する考えで一致した。
だが、待ってほしい。
文政権は今月、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的」とした日韓合意を踏みにじり、日本に自発的謝罪を求めてきたばかりだ。
これで安倍首相が訪韓すれば、韓国の歴史問題の蒸し返しを認めることになる。
前出の室谷克実氏も
「日韓には、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去問題もある。安倍首相が行けば、韓国は『慰安婦像があるのに来た』『問題が解決する』と宣伝するだろう」
と述べ、訪韓に反対した。
国民も、二階、井上両氏の行動に批判的だ。
ネット上では、
「国民世論を無視する、親中・韓議員」
「このような連中が韓国をここまで甘やかしたんだね」
「反日国家に、日本の首相が行く必要など無い」
といった声が沸騰している。
政府内では、林芳正文科相と鈴木俊一五輪相の派遣で調整中との情報もある。
室谷克実氏は
「早期に『安倍首相は行かない』と宣言を出すべきだ。国会日程ではなく、慰安婦問題での韓国政府の理不尽な対応や、大使館前の慰安婦像を理由に挙げ、訪韓できないことを明確にした方がいい」
と語った。

●支那、朝鮮の本質はゆすり、たかりだ。
教科書でも嘘を教え、約束も守らない支那、朝鮮と友好はあり得ない。
「従軍」慰安婦は存在しない、存在したのは売春婦。
売春婦は存在したが、「性奴隷」ではない。
日本軍による組織的な強制連行はなかった。
あの「従軍」慰安婦の嘘を広めた朝日新聞でさえ吉田清治がついた嘘を誤報と認めたのだ。
元「従軍」慰安婦の証言は信憑性に欠ける。

●日本政府が最初にやるべきは、駐韓大使の再召喚だ。
平昌冬季五輪の直前にやれば、韓国への強いメッセージになる。
米国のように、問題を起こしそうな韓国人の日本入国は拒否すべきだ。
経済関係でも、漁業協定や日韓通貨スワップに応じるべきではないし、ダンピング絡みの提訴をする手もある。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領氏が日韓合意破棄を明言すれば、日本政府も来日韓国人に対するビザ(査証)免除の滞在期間を『90日以内』から短縮するなど目に見える形で制裁に踏み切るべきだ。
見える形で韓国を締め付けることが大切だ。
そういう締め付けをして韓国に慰安婦像の撤去を求めていくべきだ。
日本国内外で『慰安婦問題はおかしい』と考えている人は増えているが相変わらずそうではない人も多い。
日本政府は対外情報発信を強化して日本の主張を世界に広めていくことが必要だ。

●2018年2月9日からの韓国での平昌五輪期間中に米韓合同軍事演習を行わないことが先に決まったから北朝鮮は南北会談に同意した。
南北会談が実現しても北朝鮮が核実験と弾道ミサイル発射の停止をしなければ状況は変わらない。
北朝鮮は時間稼ぎをしようとしている。
北朝鮮は国際社会を何度も騙してきたことを忘れてはならない。
金正恩の新年の辞を聞いて安心した人がいれば年末年始にシャンパンを飲み過ぎたためだろう。
北朝鮮の五輪参加で和解ムードができても米国と韓国の演習が再開されれば南北関係は再び急激に冷え込むだろう。

●平昌五輪で日本人訪韓者数は増えそうだがある旅行業者は
「開催中は宿泊代などが五輪価格になるので一般の旅行客はよほど関心がないと韓国に足が向かないのでは」
と分析。
「2月後半~3月は卒業旅行シーズンで遠方に長期で行く傾向が強い」
と若者の下支えも厳しいとし五輪効果は限定的とみている。

hgj********さん

2018/1/1820:32:25

2018.1.16 05:03更新
【主張】
「謝罪碑」判決 虚偽がまかり通っている
http://www.sankei.com/column/news/180116/clm1801160002-n1.html
故吉田清治氏の謝罪碑(上)と奥茂治被告がその上に貼り付けた後、剥がされた石板(下)=2017年7月、韓国・天安市の国立墓地「望郷の丘」
http://www.sankei.com/column/photos/180116/clm1801160002-p2.html
これが韓国における、裁判の姿なのか。
朝鮮半島で女性を「強制連行した」と虚偽を言い募った故吉田清治氏の「謝罪碑」を無断で書き換えた行為が公用物損傷罪などに問われた元自衛官、奥茂治被告に、韓国の大田地裁天安支部は懲役6月、執行猶予2年の有罪を言い渡した。
公的施設にある物件を「損傷」したことを重くみたものだ。
問題は被告が、審理や判決の詳細を把握できなかったことにある。
問題の碑は、韓国中部・天安市の国立墓地「望郷の丘」に1983年、吉田氏が建立した。
「強制連行」を指揮した一人として謝罪文を刻んだものだ。
碑の建立時に朝日新聞は土下座する吉田氏の写真付きで報じたが、現在では同紙も吉田証言は虚偽だったと認め、関連記事を取り消している。
強制連行説の破綻にもかかわらず、韓国では嘘がまかり通っているのだ。
奥氏は昨年3月、石板を貼り付け「強制連行」の謝罪文を「慰霊碑」という文言に変えた。
吉田氏の長男から委任を受け、
「韓国人が吉田証言の嘘を知るきっかけになれば」
という動機だった。
奥氏は碑文改変の事実は認めたが、肝心の主張が判決にどう影響したか、判然としない。
公判は昨年12月、検察側が懲役1年を求刑して即日結審した。
最終意見陳述で奥氏は
「碑文が虚偽であることは日本などで認定されている」
と訴えたが、この部分は通訳されなかった。
判決の言い渡しは短時間で終わり、詳しい判決理由の全文はその場で被告側に示されず、開示は後日に回された。
極めて異例、異常な裁判であるといえる。
検察側は求刑で
「慰安婦問題を歪曲しようとし、韓日外交に新たな摩擦を生じさせる可能性がある」
と指摘していた。
碑文の真実性は、十分に吟味の対象だったはずである。
奥氏が貼り付けた石板は国立墓地側がはがし、碑の横に
「碑を書き換え、蛮行を隠そうとしても日本がわが民族を強制徴用し、蛮行を犯した行為は変わらない事実だ」
と書いた看板が設置されているのだという。
歴史を歪め、外交を妨げているのはどちらか。
公判の場で事実を訴えるとした奥氏の主張は顧みられなかった。
日本政府はこれを黙って見過ごしていいのか。

●支那、朝鮮の本質はゆすり、たかりだ。
教科書でも嘘を教え、約束も守らない支那、朝鮮と友好はあり得ない。
「従軍」慰安婦は存在しない、存在したのは売春婦。
売春婦は存在したが、「性奴隷」ではない。
日本軍による組織的な強制連行はなかった。
あの「従軍」慰安婦の嘘を広めた朝日新聞でさえ吉田清治がついた嘘を誤報と認めたのだ。
元「従軍」慰安婦の証言は信憑性に欠ける。

●日本政府が最初にやるべきは、駐韓大使の再召喚だ。
平昌(ピョンチャン)冬季五輪の直前にやれば、韓国への強いメッセージになる。
米国のように、問題を起こしそうな韓国人の日本入国は拒否すべきだ。
経済関係でも、漁業協定や日韓通貨スワップに応じるべきではないし、ダンピング絡みの提訴をする手もある。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領氏が日韓合意破棄を明言すれば、日本政府も来日韓国人に対するビザ(査証)免除の滞在期間を『90日以内』から短縮するなど目に見える形で制裁に踏み切るべきだ。
見える形で韓国を締め付けることが大切だ。
そういう締め付けをして韓国に慰安婦像の撤去を求めていくべきだ。
日本国内外で『慰安婦問題はおかしい』と考えている人は増えているが相変わらずそうではない人も多い。
日本政府は対外情報発信を強化して日本の主張を世界に広めていくことが必要だ。

●2018年2月9日からの韓国での平昌五輪期間中に米韓合同軍事演習を行わないことが先に決まったから北朝鮮は南北会談に同意した。
南北会談が実現しても北朝鮮が核実験と弾道ミサイル発射の停止をしなければ状況は変わらない。
北朝鮮は時間稼ぎをしようとしている。
北朝鮮は国際社会を何度も騙してきたことを忘れてはならない。
金正恩の新年の辞を聞いて安心した人がいれば年末年始にシャンパンを飲み過ぎたためだろう。
北朝鮮の五輪参加で和解ムードができても米国と韓国の演習が再開されれば南北関係は再び急激に冷え込むだろう。

●平昌五輪で日本人訪韓者数は増えそうだがある旅行業者は
「開催中は宿泊代などが五輪価格になるので一般の旅行客はよほど関心がないと韓国に足が向かないのでは」
と分析。
「2月後半~3月は卒業旅行シーズンで遠方に長期で行く傾向が強い」
と若者の下支えも厳しいとし五輪効果は限定的とみている。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる