ここから本文です

ナチュラルウォッシュリキッドについて。 現在、タイマー利用の時はハッピーエ...

dou********さん

2018/1/2217:14:30

ナチュラルウォッシュリキッドについて。

現在、タイマー利用の時はハッピーエレファントの液体
それ以外は粉石鹸を使っています。
生協でナチュラルウォッシュリキッドを見かけて
ハッピ

ーエレファントから変えてみようかな?
と思っています。
大容量の詰め替えがあるので、多少ですがコスパが良さそうなので。
そこで質問なのですが、
1成分がよく分からないのですが、ハッピーエレファントとナチュラルウォッシュは同じようなエコ洗剤という事でしょうか?
2ナチュラルウォッシュのレビューでアルカリウォッシュも一緒に入れると、洗浄力がupすると書いてあったのですが、有効なのでしょうか?
過炭酸ナトリウムでも大丈夫ですか?

閲覧数:
84
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pukapukaさん

2018/1/2220:14:49

同じようなといえば同じような成分です。

どちらもPRTR法で第1種指定化学物質に指定されている合成界面活性剤が使用されています。
アルキル硫酸エステルナトリウムと、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウムです。

PRTR法とは
https://www.live-science.com/bekkan/intro/prtr.html

しいて言えば、ナチュラルウォッシュリキッドの方が良いかもしれません。
理由は、界面活性剤の種類ごとの配合率です。
成分表示では配合率の多い順に表記されるので、
最初に書かれたものが一番多く配合され、後ろの方は少ないことになります。

ナチュラルウォッシュリキッドは、
界面活性剤[33.24%、純石けん分(脂肪酸カリウム)、アルキルグルコシド、アルキル硫酸エステルナトリウム]
とあります。

一番多いのが脂肪酸カリウム(液体石鹸)、
次がアルキルグルコシドという非イオン系界面活性剤で、肌刺激が比較的低い成分です。
最後のアルキル硫酸エステルナトリウムはPRTR法の第1種指定化学物質ですが、
配合率は低いということになります。

ハッピーエレファント液体洗たく用洗剤の方は、
界面活性剤(9.2%、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルボリグリコシド、ソホロースリピッド)、エタノール(防腐剤)
とあります。

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(PRTR法第1種指定化学物質)が主成分、
2番目のアルキルボリグリコシドは低刺激な非イオン系界面活性剤、
3番目ソホロースリピッドはサラヤの独自開発の天然洗浄成分とのことです。


ナチュラルウォッシュに追加する助剤については、
ナチュラルウォッシュの主成分が液体石鹸なので
アルカリ剤を追加した方が洗浄力アップすると思われます。

アルカリウォッシュ(=セスキ炭酸ソーダ、pH9.8)だとpHがやや足りないので
炭酸塩(pH11.2)または代用で過炭酸ナトリウム(pH10.5)の方が良いです。

液体石鹸で洗濯するときの注意
https://www.live-science.com/honkan/jissen/liquid.html

  • 質問者

    dou********さん

    2018/1/2321:01:14

    早速の回答ありがとうございます!
    ナチュラルウォッシュは液体石鹸という事は、やはり泡立つ量を入れなくてはいけないのでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/1/25 16:59:30

詳しくありがとうございます❗
まだまだ洗剤迷子中なので、またお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

暮らしと生活ガイド

家事

  • 掃除
  • 洗濯、クリーニング
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる