新幹線の料金が高いというホリエモンとひろゆき氏の主張が話題になっています。日本は運賃が高く移動がしにくくなっているともいわれますが、新幹線の料金は高すぎるのでしょうか。

新幹線の料金が高いというホリエモンとひろゆき氏の主張が話題になっています。日本は運賃が高く移動がしにくくなっているともいわれますが、新幹線の料金は高すぎるのでしょうか。 . ホリエモンとひろゆき氏「新幹線は高い!」日本は運賃高くて移動しにくい? ペイレスイメージズ/アフロ ホリエモンこと堀江貴文氏とひろゆきこと西村博之氏は雑誌の対談で、東海道新幹線の運賃が高止まりしていると指摘しています。ひろゆき氏は現在、欧州に住んでいるそうですが、フランスのパリからベルギーのブリュッセルまでの鉄道運賃は事前予約であれば3500円程度と説明しています。パリからブリュッセルまでの距離は約300キロですから、東京-名古屋とほぼ同程度です。東京-名古屋の新幹線料金は約1万1000円(のぞみ・指定席)ですから、同じような距離でこれだけ価格が違うということになると、やはり日本の運賃は高いといえるでしょう。 欧州では国民に移動する機会を与えることが重要視されており、各国の鉄道会社では多くの割引運賃を提供しています。フランスには日本の新幹線に相当するTGVとよばれる高速鉄道がありますが、条件次第ではかなりの低価格で乗車が可能です。最大で新幹線の5分の1程度の料金になるため、低所得の若年層を中心に人気を博しています。 日本の交通機関は政府が意図的に寡占状態を作り出したことで競争がなく、料金が高止まりしているという両氏の主張は事実といってよいでしょう。JR東海は新幹線が生み出す利益をリニアの開発に充当する形になっていますが、リニアを開通させても東京-名古屋間の乗客が大きく増えるわけではなく、同社では開通後は減益になると予想しています。 高度成長期であれば、各種インフラの開発が景気を刺激するというメリットもありました。しかし近年ではこうした効果も薄れており、逆に運賃が高いことの弊害の方が目立つようになっています。幹線鉄道の旅客数の7割以上が40歳以上といわれますが、全国における40歳以上の人口比率は6割程度しかありません。高い運賃が障壁となり、所得の低い若年層の移動が困難になっている可能性があるわけです。

鉄道、列車、駅1,259閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

高ければ利用者がいなくなります。 あれだけ運行しているということは適正価格かむしろ安いと考えるべきでしょう。

2人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

確かに、現在の運賃水準は『赤字&高コスト体質』の国鉄が採算の取れる水準ですから、JRのように低コストを追求する企業に代わってからは『かなり高い』と言われても致し方ないですね。 国鉄の莫大な借金を背負っての出発と雖も、各社がペイできた時点で『値下げ』を行っても良かった『水準』であることは間違いないでしょう。 その証拠に、「日本一の鉄道会社」を豪語する某社は殆ど『濡れ手で粟』の経常利益2千億超ですから(しかも毎年)。 但し、欧州各国の『国鉄』は『赤字が当たり前』の前提で運営されている点は注意を要しますね。日本のように『独立採算』を、公営企業には求められていません。 つまり、公営交通は『公共事業』(『万人が自由に移動できる権利』の実現手段)として、国民総意の下『税金投入』を前提に運営されています。 日本の場合、国鉄の『赤字体質』を国民の大半が『問題視』し、結果として『独立採算の死守』を求めた訳ですから、それに伴う『コスト』は甘んじて支払わなければなりません。 つまり、公営企業に対する『政策の選択』として『民営化』を選択し、飽くまで『独立採算』を求める以上は『利用者負担』の大原則が適用され、結果として欧州各国よりも高い『移動費用』の負担を『容認する』必要があります。 ただ、日本の『独立採算』を判定するシステム、つまり運賃・料金の『プライスキャップ制』(認可運賃)に『値下げ』を算定する項目が欠落している点は問題提起すべきでしょうね。

2

50年以上死亡事故を起こしていない高い安全性を買うのですから、決して高くはありません。 高速鉄道死亡事故 左上スペイン 右上ドイツ 左下フランス 右下中国

画像

2人がナイス!しています

0

「高い」の判断基準が人によって違うと 議論にならないでしょうね。 外国のここは、、なんて比較もそうだし、 国内であの鉄道なら、、この鉄道なら、、、という比較も されてもおかしくないし。 何を基準に高いと言っているのか?で 賛否両論でるだろうね。 コストから算出するのが、一番妥当じゃないのかな? 要は、ぼったくり、儲けすぎていないなら、 妥当な値段と言えるのではないのかな。 >JR東海は新幹線が生み出す利益をリニアの開発に充当する こういう特殊な理由があると、妥当かどうかの判断は もうできないよね。 ていうか、他の赤字を補填しなきゃいけないのは、 管理範囲が広い鉄道会社ほど、やらなきゃいけないことだから、 それを理由にしたとしても、単純に「高い」とぶったぎれる 理由にはなりえないよね。 まあでも、「交通機関の運賃が高い」、という 金持ってる人間がより言わなさそうなことを言うという意味では、 貧乏人が僻み?とかで言っているわけではないという点で 議論の意味はある気はするけど。 >高い運賃が障壁となり、所得の低い若年層の移動が困難になっている この理由に関して、 台湾を例にあげると、新幹線の運賃ってかなり安いんですよね。 それこそあまりお金がない人でも乗れるぐらい安いんです。 そうなると、今度は混雑がひどくなるんです。 在来線でもそうなんですが、特急にもICカードで普通列車の運賃で のれたりするので、学生とかも平気で特急にのるんですよ。 だから、朝夕なんて異常なまでの混雑になるわけです。 日本で同じようにそれを理由に値段を下げると、 そういう状況になってしまう弊害があると思います。 それも「お金がない学生」を基準に考えたときの メリット・デメリットと言う感じでしょうね。 どんな条件をだしても、何らかの「差」はあるわけですから、 みんながメリットだけになることは無理なんでしょう。 どこを基準にするか?どこを取捨選択するか? どこを優先するか?そういう感じで最も良いと思われる 落としどころを探るしかないんでしょうかね。 時代や国の状況に合わせて。

0

そのお二方の意見が、 凡ゆる点から見て、まとも。 と、どうやって客観的に 確かめたの? 目先のお金の計算には眼ざとく ても、そこしか見てない方の 意見ね。

0

値下げするなら新幹線の運賃よりもJRの運賃・料金制度自体を見直すことになるでしょう。 東京〜名古屋間は自由席だと乗車券と特急券を合わせて10360円です。 まず乗車券は全国のJR共通なので東京〜名古屋間は6260円です。制度なのでこれ以下は下げられないでしょう。あとは特急料金が自由席だったら4100円なので、この特急料金が下げられるかが議論になってきますよね。 特急料金を例えばA特急料金に当てはめると、東京〜名古屋間の距離は366キロなので、これをA特急料金に当てはめると自由席で2590円です。これで乗車券と合わせると8850円になります。制度を変えない限りこれ以下は下げられないでしょう。残りの差額1510円で下げられるかになってきますが、速達性、定時性、安全性から考えたらどうでしょう。意外と妥当かむしろ安いんじゃないかと感じる部分があるのではないでしょうか。 結論から言うとJRの運賃・料金制度を改定するとその他の採算が良くない在来線路線などにも影響してくるでしょう。 JRの制度から独立した新幹線専用の料金制度じゃないと値下げは難しいのではないでしょうか。