ここから本文です

注文住宅を建てるにあたりHMが土地を探すと言っています。

アバター

ID非公開さん

2018/1/2407:17:59

注文住宅を建てるにあたりHMが土地を探すと言っています。

1回10分ほど話しただけです。
土地を探しながら家の設計や見積もりをしていきましょうとの話で、いくらくらいの土地で概算でいくらの建物みたいなお金の話は一切ありませんでした。
土地の大きさや希望地域などは聞かれました。


私たちは土地を持っていないので先に土地を購入してからHMを決めても良いなぁと思っていたので何も考えずにお願いしました。

主人の会社が大手なので社内規定があり土地だけでもお金を借りることができるので、土地購入後ゆっくり家を建てる事もできますし家の設計が済んでから土地を探すこともできます。
家の購入を急いでおらず3年後くらいで考えています。
HMには主人の社内規定の話などはしていませんが自己資金はそれなりにあるという話と3年後に建てる話はしています。(土地を現金で購入できるくらいはあります)

HMには土地購入の手数料や紹介料などはなくなんのメリットもないのに何故本業の建物ではなく土地から先にすすめてくるのでしょうか?

HMに土地を紹介してもらったら必然的にそのHMで建てなければならないとかあるのでしょうか?
それでHMは先に土地を見つけようとしてくれているのでしょうか?

詳しい方がいたら教えてください。

ちなみに主人が勝手にアンケートに私の考えていた予算以上の金額を書き自己資金もかなり多く書いています。(自己資産は同じくらいありますがそれは資金ではないですよね?
ほとんどが預金ではなく投資信託や株なのですぐに現金化は無理です。)

閲覧数:
287
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2018/1/2411:22:21

「いくらくらいの土地で概算でいくらの建物みたいなお金の話は一切ありませんでした」
営業の説明を容認して聞くのでなく、施主が主導して協議して下さい。
そのためには、事前に質問事項や疑問点等をキチンと整理してから行く事です。
「何故本業の建物ではなく土地から先にすすめてくるのでしょうか?」
自社を指名してもらうためです。
「必然的にそのHMで建てなければならないとかあるのでしょうか?」
建築条件付きで契約しなければ問題ないですが、相対交渉をしていると断れなくなる危険性はあります。
「予算以上の金額を書き自己資金もかなり多く書いています」
先ずは資金計画です、資金以上の家は建てられません。
個人的な考えでは、土地を確保した上で建設会社を競合させて判断する事です。
一般的なスケジュールは、資金計画→土地探し→土地の売買契約→地盤調査→ハウスメーカーなど業者選定(提案内容の比較検討)→建築プラン決定(見積額の確定)→請負契約締結→建築確認申請→住宅ローン申請→着工→完了→検査・引渡し→登記・保険となります。
なお、競合させずに1社の業者を指名して家づくりをすすめる施主を「指名客」と呼びます。
普通に考えると指名してくれたので大事にしてくれると思うかもしれませんが、実際はメーカー側から考えると安全牌なのです。
『早期に指名くださったので100万円値引きさせて頂きます』などと言っても、実は競合客よりは高く売るのです。
指名客だから大丈夫と、プランニングも雑になり適当なプランで契約し、後は施主の要望に基づき変更や追加はオプション価格で高額になります。
また、「今なら安くなります」等のキャンペーンも、少しでも早く契約を取ろうとするもので、競合して他社と比較検討されるのを嫌うからです。
つまり、施主が競合する中で知識をつけて、自社の価格や住宅性能がばれてしまうからです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/2412:01:58

    ありがとうございます。


    買った土地に合わせて設計してもらうより設計してもらった家に合わせて土地を買いたいと思っています。

    100坪1000万以下くらいの土地なのでそれなりに広さは確保できますが庭は必要ないので、土地が余ったら大きな庭にすれば良いやという気がありません。


    ちなみに相対交渉をしていると断れなくなる危険性とはなんでしょうか?
    交渉の段階で断れなくなることがあるのでしょうか?

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ama********さん

2018/1/2717:33:41

>土地を探しながら家の設計や見積もりをしていきましょうとの話

これだからHMは嫌。
土地が特定していないのに設計って。
つまり商品としての規格型住宅をパズルみたいに組みかえるだけで、その家が入る位の土地を探すって事なのでは?

>何も考えずにお願いしました。

いい方次第では契約する前提で事を進められかねませんよ。
きちんと説明しておきましょう。
まだ依頼先は決めていない事。
話し合いは無料の範囲内でしたい事。

予算はきちんと決めた金額を伝え、見積もりは絶対にオーバーしないように。

土地は地元のめぼしい不動産屋に探してもらうのがベストと思います。
いい物件はそういう顧客から順番に紹介され、外に出る前に決まってしまいます。

mag********さん

2018/1/2611:22:20

HM は当然自社で家を建てるつもりでいます。そのホームメーカーが気に入ったのならそれでもいいのではないですか。
でも普通は土地を決めてから家を建てるものです。土地の状況にあわせて、家の間取りを考えます。もちろん土地を探す時にも生活の便だけではなく日当たりや風通し、道路に位置、周囲の状況などを考えて決めます。そう言った条件に会えば間取りも満足いくものができます。間取りを先に考えるのはどうかと思う。
私は土地を探す時にいろんな不動産屋やHMにも探してもらいましたが、結局は自分で探したとこが一番気に入り決めました。HMのひも付きも私の好みには合いませんでした。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kat********さん

2018/1/2411:38:53

住宅建築は土地に付随する建築諸条件有って初めて計画出来るものです。野中の一軒家ならともかく、先に家の設計が済んでから土地を探すのは手順前後です。HMが土地探しを優先するのは当然の行動です。

cal********さん

2018/1/2410:32:09

①土地がないと具体的な提案はできない。具体的な提案ができれば、「すぐ建てよう」と心変わりする可能性もある

②そのハウスメーカーで建てる縛りはないが、人情として判断材料にはなるはず。少なくとも、話ができる時間は他社より長くなるから宣伝費としては悪くない

③展示場で暇しているぐらいなら、ダメ元でも動いていた方がマシ。サラリーマンならどうせ給料は変わらない

④不動産業者と提携していれば、企業としてメリットがある。

⑤良い土地がなければ、ずるずると1年2年とかかることもある。
現時点で土地がなければ、「ではまた土地が出たら連絡しますね」となり、不定期に「ここはどうですか」と電話が来るようになるでしょう。営業としては、この「不定期に継続して電話してよい」と約束してもらえるだけでもメリット

⑥土地探し自体にメリットがある。不動産屋や空き地の持ち主に、話をするきっかけになるから。土地が見つからなくても、違うビジネスの機会になるかもしれない

⑦彼らも人間なので、損得だけでなく「お客様の役に立ちたい」の思いは前提としてあります。「土地を買ってから建てる家を考える」は、訳の分からない土地をつかんで爆死するパターンがありがちです。「手助けしたい」と思っても、人として変ではないでしょう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goo********さん

2018/1/2409:26:51

質問への回答になります。

”HMには土地購入の手数料や紹介料などはなくなんのメリットもないのに何故本業の建物ではなく土地から先にすすめてくるのでしょうか?”

面談時間が短いということなので、これは、単なるリップサービスと考えると良いでしょう。
多くのハウスメーカー(住宅公園などに自社の展示場を出店しているメーカー(単独も含む))の住宅営業は、土地無し顧客には、興味を持ちません。
彼らのルーチンワークは、土地を持っている顧客に対して、その土地に簡単な図面を書くことで商談の糸口を見出すことが初期段階での目的になっています。
それ故に契約件数が極端に少ないわけです。今回のように、土地が無いことを知った段階では、今月契約できない客と判断しておりますので、まあ、土地でも見つかれば、その先に進めるチャンスがあるかもしれない程度の考えしかしておらないことでしょう。建物の話を行わず、不動産業者でもないハウスメーカーの住宅営業が土地を探す話を始める時は、早く帰ってもらって次のお客様を得たいという意思表示だと考えても間違いではありません。


HMに土地を紹介してもらったら必然的にそのHMで建てなければならないとかあるのでしょうか?
それでHMは先に土地を見つけようとしてくれているのでしょうか?

土地を見つけた時の言い分や見つけたということに対してのお客様側の対応に期待しているだけのことです。
土地を見つけて、その土地を購入するとなれば、お客様側が少なくともその土地に出会えたのは、そのハウスメーカーの営業のおかげであったわけですし、また、興味もないハウスメーカーに土地探しなどを依頼するような人はいないと考えれるからです。土地無し顧客の多くは、土地に関心があり、建物はどこでも同じだろうと考える人が多いというデーターが存在しています。それを裏付けするのが、ハウスメーカーに土地探しを依頼しているお客様の多くが、そのハウスメーカーの建物に関しては、詳しい内容を知らないという事実があります。また、複数のハウスメーカーや不動産業者に土地探しを依頼していることもそれを裏付けしていると言われています。

土地無し顧客が注文住宅で成功するためには、自分達家族が住むべき住まいを理解し、その建物を建築するうえにおいて最適な場所を見つけるという手順が正解です。
しかし、多くの人達がその反対を行い、土地を探し始めてしまうために、資金計画が狂い、土地・建物の金額配分に間違いが生じてしまい、住むべき住宅になっていないケースが沢山存在するわけです。

土地からの住まいづくり計画であっても、住むべき住まいをまず最初によく吟味し、それに必要な土地と金額を理解して、話を進めるようにされると注文住宅におけるマイホーム計画は成功すると私の過去の実例からも立証できております。

もう一度、よく考えて、進め方を変えてみると良いでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる