ここから本文です

阪急梅田駅下の紀伊国屋書店と紀伊国屋書店グランフロント大阪店では 売り場面積...

阪急梅田駅下の紀伊国屋書店と紀伊国屋書店グランフロント大阪店では
売り場面積ではどちらが広いですか?
また、どちらがお気に入りですか??

閲覧数:
65
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wed********さん

2018/1/2512:54:07

調べてみたところ
売り場面積はグランフロント店の方が広いですが
書籍数は梅田本店の方が多いようです。
http://bb-building.net/matome/h11.html

◆紀伊国屋書店 梅田本店
売り場面積 880坪
書籍数 100万冊

◆紀伊国屋書店 グランフロント大阪店
売り場面積 1060坪
書籍数 80万冊

私は古い人間なので
昔から馴染みのある梅田本店が好きです。

質問した人からのコメント

2018/1/30 08:44:22

回答ありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる