ここから本文です

結果的加重犯について。

chi********さん

2018/1/2513:50:25

結果的加重犯について。

AがBの首を殺す意思で締め上げ、Bが失神したところ、Bが死亡したと勘違いしたAは犯行の発覚を避けるためBを雑木林に埋め死亡させた。

この場合、「雑木林に埋めた」と言う殺人罪が適応される行為は、「殺す意思で首を絞めた」と言う殺人未遂に当たる行為の結果的加重犯になり得ますか?
解釈によって結論は分かれると思いますが、できる限り結果的加重犯が成立すると仮定して、その理由を理論的に説明してください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
40
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2018/1/2514:19:06

>この場合、「雑木林に埋めた」と言う殺人罪が適応される行為は、「殺す意思で首を絞めた」と言う殺人未遂に当たる行為の結果的加重犯になり得ますか?

なり得ません。

結果的加重犯の定義知っている?

発生した結果が故意の範囲を超えていないよね。

  • 質問者

    chi********さん

    2018/1/2517:55:48

    なるほど。やはりそうでしたか。ご回答ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる