ここから本文です

(h)の問題で、答えの、出発物質が、臭化エチルになっていたのですが、塩化メチルで...

jf0********さん

2018/1/2616:33:59

(h)の問題で、答えの、出発物質が、臭化エチルになっていたのですが、塩化メチルではダメなんですか??
あと、無機試薬は、DMFになっていたのですが、これも大体の反応はDMF使っておけばいい

!みたいな感じですか??

DMF,臭化エチル,塩化メチル,無機試薬,出発物質,非プロトン性極性溶媒,SN2

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nov********さん

編集あり2018/1/2618:50:40

> (h)の問題で、答えの、出発物質が、臭化エチルになっていたのですが、塩化メチルではダメなんですか??

塩化エチルでも可能ですが、Cl基はBr基よりも脱離能が低いので、反応性が少し低いです。

> あと、無機試薬は、DMFになっていたのですが、これも大体の反応はDMF使っておけばいい!みたいな感じですか??

DMFは非プロトン性極性溶媒の一つです。

SN1反応では、カルボカチオンを溶媒和/安定化するプロトン性極性溶媒が好まれます。
SN2反応では、求核剤を溶媒和/安定化しすぎない非プロトン性極性溶媒が好まれます。

こういう機構を理解した上で、SN2で問題ない、というのであれば、DMFを否定する理由はありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる