ここから本文です

遺伝子組み換えをしたDNAは、すぐに発酵食品に使えるのでしょうか? またそれは...

アバター

ID非公開さん

2018/1/2723:17:29

遺伝子組み換えをしたDNAは、すぐに発酵食品に使えるのでしょうか?

またそれは何故なのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
41
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kus********さん

2018/1/2800:11:06

日本において組み換え体が生鮮食品に利用されている例は有りませんが、アメリカ等の海外から輸入している遺伝子組換え大豆、ナタネ、ジャガイモ、トウモロコシ、ワタなどが、加工食品として利用されている例は有るようです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cha********さん

リクエストマッチ

2018/1/2810:56:00

他の回答者様のお答えのように、日本では安全審査の上で承認された
遺伝子組換え作物のみが利用されています。
現在のところ承認されている作物は、トウモロコシ、ダイズ、ナタネ、
ワタ、アルファルファ、テンサイ、パパイヤ、バラ、カーネーション
の9種です。
(日本国内の遺伝子組換え作物の商業栽培はバラのみが行なわれている)
このうちのパパイヤは生食用として流通しています。

for********さん

2018/1/2810:10:22

すぐ食品として使えないっす。

ニッポンじゃ遺伝子組み替え食品は食品衛生法で規制されてて、お国の安全審査と承認受けなきゃ食品として流通させることができないっす。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる