ここから本文です

加給年金についてアドバイスお願い致します 64歳から特別支給の老齢厚生年金を...

mnr********さん

2018/1/2816:57:11

加給年金についてアドバイスお願い致します

64歳から特別支給の老齢厚生年金を受給できますが加給年金受給可能な厚生年金加入期間を満たしています。

配偶者が2歳年下です 特別支給の開始時点で加給年金は支給対象になりますか

閲覧数:
1,387
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2018/1/2914:59:43

あなたが厚生年金加入期間が528か月以上であり
なおかつ厚生年金を脱会した場合加給年金の受給資格が
あります。

加入期間が528か月に満たない場合は資格がありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「特別支給の老齢厚生年金 加給年金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2018/1/2819:49:24

貴方が、65歳からです。なお、奥さんが繰上げ受給をすると駄目になりますから。

han********さん

2018/1/2819:23:08

65歳未満で加給年金(+老齢基礎年金)がもらえるのは44年特例者のみです。
あなたが、44年特例に該当しないのであれば加給年金は老齢基礎年金がもらえる65歳からです。

44年特例は厚生年金に44年以上加入して退職した場合に該当します。
たとえば中卒16歳から60歳までずっと厚生年金に加入、高卒18歳から62歳までずっと厚生年金に加入などです。

rir********さん

2018/1/2817:22:17

64歳(特例開始年齢)から支給される特別支給の老齢厚生年金は、原則として報酬比例部分のみになります。

ご質問内の加給年金受給可能な厚生年金加入期間を満たしているとありますが、20年以上と言う事だろうとは思いますが、特例開始年齢までに44年以上になりますか?

ご質問者様の場合、長期加入者特例(厚生加入期間44年以上)を適用させ、定額部分が加算された場合に初めて要件を満たす配偶者が居ればさらに加給年金額が加算されることになります。

長期加入者特例は期間要件のみではなく、特例開始年齢において現に厚生年金の被保険者ではないことが条件となります。

ですので、被保険者ではない=退職されるか厚生年金の被保険者適用除外となる働き方等をされれば、特例開始年齢64歳から原則の報酬比例部分に特例を満たすことによって定額部分及び加給年金額の加算された特別支給の老齢厚生年金の支給を受けることが出来ます。

期間44年以上、被保険者ではないこと、いずれかを特例開始年齢までに満たさない限りは、特例開始年齢64歳からの特別支給の老齢厚生年金は報酬比例部分のみになります。

65歳からの本来の老齢厚生年金に加給年金額が加算されることになります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2018/1/2817:02:44

男性なら65歳にならないと加給年金をもらえません。あなたの場合は老齢基礎年金受給が条件です。

http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/2015...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる