ここから本文です

つまるところ、車でコーナーをキビキビ早く走り抜けるには、ロールは抑え気味にす...

アバター

ID非公開さん

2018/1/2822:08:13

つまるところ、車でコーナーをキビキビ早く走り抜けるには、ロールは抑え気味にするのと純正のままで行くのとではどっちらが速く走るものなんですか?

もちろんタイヤはスポーツタイヤに変えたとします。

ロールが抑えられたほうがいいと言う意見と、ロールをきかせたほうがいいと言う意見がありましてわからないでおります。

決着をつけていただけたらと思っております。

閲覧数:
308
回答数:
17

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sdl********さん

2018/1/2822:38:00

タイヤのグリップ力とのバランスでは?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2018/1/3123:31:55

純正のままでもロールを押さえるスタビライザーはついてるので。過度にロールしないことを求めると逆にアンダーステアが発生するのでは。

キビキビ走るには車体の剛性とテクニックですよ。

bru********さん

2018/1/3109:53:44

サスペンションを硬いものにすればタイムは縮められます。乗り心地が悪くなるのでよろしくないんですね。

ごちゃごちゃ言ってないでカートに乗りな。

zed********さん

編集あり2018/1/3118:41:35

キビキビの逆を体感するのは簡単。
足の軟らかいファミリーカーでハンドルを左右に揺すってみる。
あきらかに追随が遅い。ゆっさ、ゆっさ、下手したら1秒近い?
この遅れはほとんどがバネによるものです。

速い走りにキビキビは要らない、という意見が多いですね。
余裕のある安全圏内で、そこそこ速く走るならそうかも知れない。

でも、限界走行って、そのマージンを削っていくことです。
次の瞬間どうなるかわからない領域に、敢て近づく訳です。
ゆっくりしたハンドル操作で修正舵もなく走り通せたとしても、
それはたまたまの結果論。(か、ズルしてマージンを残したか)

我々は運だけで走ってる訳ではありません。
次の瞬間どうなるかわからないからキビキビが要るのです。
(キビキビに対して、即応性とか言う用語があったと思います)
ダルい車だと、いくら優秀な人間でも修正が効きません。


ロールについて、過去20何年、文献なども漁ってきましたが、
走りに対して、こう有用だと示したものには行き着かない。
特にキビキビに関しては否定的なものの方が多い。

ロールとヨーのコラボについては
運動が平面運動から3次元になるのでややこしいのですが
出てきた結論だけを見ると…

・ロールが、ヨー共振周波数を引き下げる、つまり、
周期的なハンドル操作に車がついてこようとするのを妨げる、とか
・ロールがヨーの減衰も妨げる、などネガティブな記述が多いし、
・バネを硬くするとこれらの問題が改善する、とも。
ま、冒頭のファミリーカーの話そのままなんですけど。

・ロールが深くなるにつれて、アンダーステアが強まるように
サスペンションを設計したら(=ロールアンダーステア)
それらが緩和されるけれど、姿勢変化に時間がかかるのが難点、
とも書いてあるし

・それらはむしろブッシュの撓み(=コンプライアンスステア)で
調整できて、その方が反応時間も速いとか、

とにかく、ロールの、運動性能への貢献については
あまりポジティブな記述をみないのです。



だから、ロールの『ポジティブな面』となると
やはり、ありきたりになっちゃうんですが
操舵から最大ロールに行くまでの『過渡状態の存在』でしょうか。
その僅かの時間、荷重移動がスローモーションで起こる訳ですね。
そこに、若干のコントロールの幅や、足回りの調整幅が出来たり
タイヤに突然遠心力がかかるのを緩衝してくれる余地ができる、

のですが、

それって、利点なのか、欠点なのかよくわからない。
限界走行をしない人にはキビキビは要らないのでゆとりは多目で。
限界走行を前提とする人には、キビキビこそが保険ですから、
路面状態に合わせて、必要最低限まで削りたいですよね。
そこが意見の分かれる理由です。


まあ、走りについて、人間が一番感じ易いのがロールで、
それ故一番騙され易いものなんでしょうね。
人類は、長い間太陽が動いていると信じていた経緯があります。
ロールによって荷重移動が起こってるという人もいまだにいます。
重心が動いているという人もいまだにたくさんいます。
これは某湾岸漫画の影響も大きいのでしょうが。

人類が車を発明し、車台にバネを取付けたときから、
影法師の様に付いて回る存在がロールです。

たしかに『荷重移動』は重要だけど、
果たしてその『影法師』に意味はあるのかな?

cocoacosoaさん

2018/1/3009:09:28

「キビキビ走り抜ける」というのが、コーナーを「カクッーーン」と曲がることを指しているのなら、
それは「速く走るもの」ではないです。

ステアリングをできるだけゆっくりできるだけ少し切り「カックーン」の正反対「スムーズに滑らかに曲線的に」走る方が速い。

一度ロータス・エリーゼに試乗してみることをお勧めします。


ロールを抑えるとか純正とかは、その車次第。
でも速く走るなら「スムーズで滑らかなコーナリング」が前提です。

また一部のスポーツカー等がロールを抑えたサスセッティングをしているのは、
・薄くて幅の広いタイヤ+アームの短いサスペンション
のために、少しでもロールさせるとキャンバーが狂うばかりか、タイヤの接地面がコーナー外側半分だけ、となってしまいロールさせられないからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる