ここから本文です

会社法についての質問です。 公開会社であるA株式会社の代表取締役は、第三者割...

sta********さん

2018/1/3121:50:16

会社法についての質問です。

公開会社であるA株式会社の代表取締役は、第三者割り当ての方法で、取引先会社に対し、低価格な振込金額で募集株式を発行した。そのことにより、A株式会社の株価

は大幅に下落するに至った。この募集株式の発行は、取締役会の決議を経て、株主に対する公示が行われたが、株主総会の決議を経ないままされたものであった。
A株式会社の株主は、どのような手段をとることができますか?
この答えは、「株主に対する公示が行われていたため、無効事由とはならないが、株式の効力が生じてから6ヶ月以内に株式無効の訴えを提起することがてきる。」というような感じでしょうか?
また、このような場合、株主はどんな救済手段がとれるのですか?
よろしくお願い致します。

閲覧数:
36
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

all********さん

2018/1/3123:48:34

原則:
公開会社の株式発行は、発効された株式は転々流通し関係者が多く存在することになる。このため、取引の安全を重視し、内部手続き違反については無効としない。

本件:
株主総会決議がない→法令違反(199条3項)→But,内部手続きにすぎない→代取が発行してる→無効原因とならない(判例の結論)。

手段:
取締役の423条責任の追及。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

can********さん

2018/1/3123:37:37

無効事由とならないのに、無効の訴えを出来るというのは違和感がありますね。

「低価格」というのが、有利発行にあたるか否かは問題になりますが公開会社では、任務懈怠として損害賠償が出来るということでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる