ここから本文です

ゼミの教授に、論文書くときは孫引きはだめ、原典にあたり引用と言われますが、そ...

アバター

ID非公開さん

2018/2/620:42:38

ゼミの教授に、論文書くときは孫引きはだめ、原典にあたり引用と言われますが、そんなの実際にできますか?
原典 手書きの文献で、個人が所有しているんですよ。具体的には 日記 手紙の類です。

閲覧数:
176
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

Nakasendo999さん

2018/2/723:39:57

原典を、「原本」と勘違いしていませんか。

以下は、具体的に説明するために、
『土左日記』を例として挙げますが、
他の例でも同じであることは、
お分かりになると思います。

たとえば『土左日記』を引用するとき、『土左日記』の藤原為家の
写本を確認しなければいけないという意味ではありません。
写本を見るには、学校法人大阪青山学園まで行かなければ
なりません。
そこまでする必要はありません。

ゼミの教授が言われているのは、
『土左日記』の信頼できる原文が載っている文献から
引用せよ、という意味です。

たとえば、青谿書屋本を底本とした岩波文庫版『土左日記』
や新 日本古典文学大系の『土佐日記』(岩浪書店)、
紀貫之全集 『土佐日記』 朝日新聞社
などは原典といってよいと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/2/808:59:39

    丁寧な回答ありがとう。土佐日記などは,全文の原文が掲載されている書が安易に入手できますが、私の場合は 日記の一部を引用している論文からの「孫引き」です。日記全文は多分刊行されていません。
     学部の卒論ではなく 修士論文です。
    教授は 私の事例で具体的にコメントしたのではなく、あくまで一般論としての指摘です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yok********さん

2018/2/621:39:30

分野によって違うかもしれませんが、
卒論なら、資料集成に掲載されている資料で良いだろうと思います。
原典手書きの文献 でも修論以上なら、(その史料が果たしている役割にもよるが、例えば中心的史料ならば当然)原典になるべくアプローチして(例えばアジ歴のデジタルアーカイブとか)資料批判やコンテクストを検討べきでしょう。もちろん、世の中には現物を見ることができない史料もありますが、近代史や近代文学の史料となる日記・手紙の類いで重要なものはアーカイブされているのも多いでしょう。

どのレベルの論文(卒論か、修論か、学位論文か)か、と、本当に指導教授がすべての史料に対して実見せよといったのか、ですね。
推測ながら教授が指摘したのは先行研究についてではないかととも考えられますが、どういった指摘ですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる