ここから本文です

マリーアントワネットは悪女だったと思いますか。彼女は「国が貧困の時にも生活レ...

bir********さん

2018/2/717:20:28

マリーアントワネットは悪女だったと思いますか。彼女は「国が貧困の時にも生活レベルをさげなかった」という理由で処刑されましたが、当時のフランス王室の経費は国予算の6%程度らしいです。も

しアントワネットが悪女ならば、日本が不景気でも生活レベルを下げない天皇皇后も悪女になってしまいます。逆にいえば革命がおきて皇室はなぜ滅びないのでしょうか。マリーアントワネットは悪女でしょうか。

この質問は、lai********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
839
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pio********さん

2018/2/717:32:33

マリーアントワネットの処刑の理由はそういうことではなく外敵(オーストリア)通謀によるもの、ヒステリーなんかで処刑していてはギロチンが幾つあっても足りなくなる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lai********さん

リクエストマッチ

2018/2/820:51:18

その程度の理由で悪女と見なされるのなら、世の中悪女だらけです。そんな理由にもならない言いがかりで王女を処刑したこと自体、フランス「革命」なるものの欺瞞性を証明していることになります。
そもそも「革命」で国民が幸せになった国がひとつでもあったでしょうか。
近代に限って見ても、ロシア革命、辛亥革命、イラン革命、文化大革命、いずこも同じ戦争と混乱、大殺戮の繰り返しです。日本の明治維新が庶民レベルでの大殺戮に至らなかったのは、皇室と云う重石があったからです。
マリーアントワネットは悪女だったなどというデマを信じてはいけません。

kou********さん

2018/2/720:52:17

マリーアントワネットにまつわる悪評などは大半がでっち上げで、王政の評判を下げるために当時のジャコバン派がでっち上げたデマです
マリーアントワネットの贅沢なんてほかの貴族に比べたら可愛いものですし、彼女は節制をほかの貴族に呼びかけてたほどです
節制して得たお金で貧民に施しを与えた時もあったようです

moo********さん

2018/2/719:38:44

若すぎただけです
母も「この子は勉強嫌いだし
何かと未熟なまま嫁いで大丈夫かしら」と気にしていて「わからないことは相談に来なさい」と言っていた
しかしマリーが嫁いでまもなく逝去となりました
母の心配が的中したのです
後にルイ16世は「僕ももっと気にかけるべきだった、年上だったのに……こんなに綺麗な女性が僕なんかでいいのかと思って遠慮しすぎた。ごめんよ」と話していたようです

him********さん

2018/2/717:44:47

マリーアントワネットの悪事に関してはほぼ誇張か嘘ですね。実際はすでにフランス王家の財政は破綻しており、マリーアントワネットは晩餐会なのに着ていくドレスがないと母親に愚痴っているくらい貧相なものでした。貴族でも晩餐会のたびに違うドレスを着るのが普通なのに王女たるマリーアントワネットがドレスを新調するお金すらなかったということです。20歳というまさに女ざかりの頃、彼女は王女様、この前と同じドレスを着ていらっしゃるわと噂されるという屈辱な目に合うということで大変恥ずかしかったことだろうと思います。ですが、彼女はお古のドレスを少し手直しして我慢したといいますから、本当に気の毒だったと思われます。そして、こうした彼女の努力はむしろ、王家が舐められるという事態に繋がり、民衆のまえでギロチンにかけられるわけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる